ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト

  1. 競馬TOP
  2. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  3. 重賞レース一覧
  4. 名港盃

名港盃

重賞

第22回 名港盃

  • 2018年7月16日(祝月)
  • 名古屋:第11競走
  • 1,900m
  • 発走時間 16:20
開催場
名古屋競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

名港盃 直前予想

エイシンニシパは名古屋での成績が安定しており、過去の実績からも昨年に続く勝利が狙えそう。カツゲキキトキトは遠征の影響が心配だが、地力的に首位争いが期待できる。差し追い込みタイプが多いメンバーだけに、先行してしぶといポルタディソーニにも注意が必要。差し脚を長く使えるノブタイザンも上位争いに加わってきそうだ。堅実に差を詰めてくるマイネルリボーン、ミキノハルモニーの金沢2頭にも要警戒だろう。

名港盃 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11金沢マイネルリボーン牡857.0高橋俊青柳正
22金沢ミキノハルモニー牡757.0中川雅瀧川寿
33兵庫エイシンニシパ牡557.0橋本明田中学
44名古屋カツゲキキトキト牡557.0錦見勇大畑雅
55名古屋メモリージルバ牡957.0塚田隆友森翔
6名古屋アンカーマンセン557.0今津勝山田祥
67兵庫ノブタイザン牡557.0新井隆杉浦健
8名古屋ブランニュー牡657.0宮本仁佐藤友
79名古屋ポルタディソーニ牝455.0瀬戸悟宮下瞳
10笠松ビップレイジング牡355.0笹野博藤原幹
811笠松コスモマイギフト牡957.0湯前良大原浩
12名古屋アセイラントセン657.0角田輝丸野勝

名港盃 出走馬 短評

マイネルリボーン 金沢からの遠征馬。金沢スプリングカップは大敗したが、その後は持ち直して百万石賞を勝利。名古屋では4戦して3着2回だが、今の勢いは侮れない。

ミキノハルモニー 金沢からの遠征馬。JRA未勝利から愛知に移って好走を続け、JRAに戻って2勝を追加。金沢移籍2戦目から4戦連続で2着または3着に入っている。

エイシンニシパ 兵庫からの遠征馬で、昨年のこのレースの優勝馬。名古屋では3戦3連対の成績で、最近の内容からも引き続き首位争いになるだろう。

カツゲキキトキト 重賞での実績は断然といえるが、今回は帝王賞JpnIを間にはさんだローテーションが心配。過去は夏場の成績も良好だが、今回はやや心配な面がある。

メモリージルバ 堅実に差を詰めてくるタイプだが、底力に欠ける感は否めない成績。今回も相手なりに走れそうだが、上位争いまでは厳しそうだ。

アンカーマン オグリキャップ記念では後方から長く差し脚を使って2着に入ったが、勝ち馬とは2秒8差。ここでも差を詰めてきそうだが、今回の相手は強力だ。

ノブタイザン 兵庫からの遠征馬。4走前に六甲盃を制したが、それ以降は差し脚届かずという成績。それでも決め手があるだけに、無視しにくい存在といえるだろう。

ブランニュー 堅実に差を詰めてくるタイプだが、詰めひと息という状況。流れ込んでくる可能性は考えられるが、今回の相手は強力だ。

ポルタディソーニ かきつばた記念JpnIIIは大敗したが、それ以前は重賞で好走続き。今回はひと息入った影響が気になるが、立ち回りひとつで善戦以上が狙えるだろう。

アセイラント JRAのダート中距離で1勝し、愛知移籍後は10連勝を含む13戦13連対と活躍中。今回は一気の相手強化だが、無理なく先行できれば粘り込みがありそうだ。

そのほか、コスモマイギフトが出走する。

名港盃 地方競馬専門紙 予想

貫禄を示す カツゲキキトキト

地方馬同士ならカツゲキキトキトが一枚も二枚も上。この日程で出てくるからにはだろう。次位は東海桜花賞でキトキトに続いたポルタディソーニ、3歳の秋の鞍でキトキトの2着があるエイシンニシパ。ちなみに⑨と③は今年2月の梅見月杯で対戦しており、前者がクビだけ先着している。 詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 4→9 4→3 4→7 4→8 4→12
 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

名港盃 過去のデータ

名港盃を予想しよう!