ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  1. オッズパークTOP
  2. 地方競馬TOP
  3. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  4. 笠松競馬場重賞レース一覧
  5. サマーカップ
  6. 2019年予想

サマーカップ

重賞

第42回 サマーカップ

  • 2019年7月18日(木)
  • 笠松:第11競走
  • 1,400m
  • 発走時間 16:20
開催場
笠松競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

サマーカップ 直前予想

キクノステラは前走が先行策での3着だったが、本来の差し脚を発揮できれば勝機十分。エイシンエンジョイはメンバー的に先手が取れそうで、兵庫2頭の一騎打ちを本線としたい。スムーズジャズは2カ月半ぶりの実戦になるが、地力的に割って入る可能性がありそう。あとは少々厳しそうで、相手なりに走れそうなシャドウチェイサー、前走1着のドリームスイーブルを3連勝式の穴として挙げておく。

サマーカップ 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11笠松キタノイットウセイ牡957.0栗本陽池田敏
22笠松エビスリアン牡657.0花本正渡邊竜
33笠松ヴェリテセン757.0尾島徹高木健
44笠松ラミアカーサ牝755.0田口輝佐藤友
55兵庫エイシンエンジョイ牡457.0橋本明下原理
66笠松シャドウチェイサーセン757.0川嶋弘向山牧
77笠松モリデンルンバ牡657.0花本正筒井勇
8兵庫キクノステラ牡757.0田中範岡部誠
89笠松ドリームスイーブル牡457.0尾島徹藤原幹
10名古屋スムーズジャズ牡557.0川西毅加藤聡

サマーカップ 出走馬 短評

キタノイットウセイ JRAでデビュー戦を制した後は苦戦したが、北海道に移った4歳秋以降は重賞でも好走。しかし昨年以降はいまひとつで、今回は初距離という点も課題となる。

ヴェリテ JRAのダート中距離で勝利を挙げ、愛知移籍後はオープンを7勝。しかし笠松移籍後は未勝利で、この距離もタイプ的に歓迎とは言いにくい。

ラミアカーサ JRAではダート1400メートルでの2勝を含む3勝を挙げ、その後は兵庫で3勝を追加。笠松では2戦とも差のある敗戦を喫しているが、距離短縮はプラスになるだろう。

エイシンエンジョイ 兵庫からの遠征馬。2歳時に北海道で3勝を挙げ、その後は大井の短距離で2勝。兵庫では移籍初戦から3連勝し、園田FCスプリントで2着と好走続きだ。

シャドウチェイサー JRA時にダート1600メートルと1700メートルで計4勝を挙げたが、昨夏の川崎移籍後は善戦止まり。それでも笠松では4戦4連対と、上々の成績を残している。

モリデンルンバ 2歳時に北海道で3勝を挙げ、3歳時に浦和のニューイヤーカップを制覇。しかしその後は1勝だけで、笠松初戦の前走も差のある敗戦を喫した。

キクノステラ 兵庫からの遠征馬。昨年12月の兵庫ゴールドトロフィーJpnIIIで3着に入り、3走前の東海桜花賞で重賞初勝利。その実績なら、ここでは格上といえるだろう。

ドリームスイーブル 2歳時に北海道で1勝を挙げ、盛岡と船橋の重賞で4着。笠松移籍後も3歳重賞で2着4回、金沢のMRO金賞で勝利を挙げ、古馬戦でも善戦が続いている。

スムーズジャズ JRA未勝利から岩手に移って4勝を挙げ、愛知移籍後も好走続き。今年は新春盃3着、東海桜花賞2着と、重賞でも善戦傾向を示している。

そのほか、エビスリアンが出走する。

サマーカップ 地方競馬専門紙 予想

現在4連覇中の兵庫馬が今年も・・・!?

2015年から4連勝中の兵庫馬。というかこの4年はあと2着1回、5着1回の(4101)だから驚異的だ。今年も2頭が参戦。キクノステラは4月に名古屋の東海桜花賞を勝っているし、エイシンエンジョイはこれから短距離戦線をにぎわせてくれそうな存在。注目せねばなるまい。これを追うのは久々でも名古屋のスムーズジャズで、地元・笠松勢ではモリデンルンバ、ラミアカーサの上積みに期待するしかない? 詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 8→5 5→8 8→10 10→8 5→10 10→5 8→7 8→4 5→7 5→4
 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

サマーカップ 過去のデータ

サマーカップを予想しよう!