ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト

  1. 競馬TOP
  2. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  3. 重賞レース一覧
  4. 黒潮ダービー高知優駿

黒潮ダービー高知優駿

重賞

黒潮ダービー第46回 高知優駿

  • 2018年6月17日(日)
  • 高知:第7競走
  • 1,900m
  • 発走時間 18:10
  • キャンペーン
開催場
高知競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

黒潮ダービー高知優駿 直前予想

混戦だが、1800メートルの前走を快勝したヴァリヤンツリに、地元の利を含めて期待できそう。ノブイチは前走がいまひとつだったが、本来の行き脚を発揮できれば押し切る可能性が考えられる。九州ダービー栄城賞を制したスーパージェットの差し脚にも注意が必要。アウトスタンディンは実績的に劣勢だが、前崩れの形なら食い込む余地が出てきそうだ。スターアイリスは好位から流れに乗れれば上位まで。折り合い次第でも地力がありそうなネイティブゴールドを3連勝式の穴として挙げておく。

黒潮ダービー高知優駿 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11金沢ノブイチ牡356.0鈴木長岡部誠
22高知ネオプリンセス牝354.0打越勇宮川実
33高知ヴァリヤンツリ牝354.0中西達西川敏
44高知ネイティブゴールド牡356.0細川忠西森将
55高知スターアイリス牝354.0胡本友佐原秀
6高知アウトスタンディン牡356.0中西達嬉勝則
67高知レマンコ牡356.0細川忠瀧川寿
8佐賀ベルセルク牡356.0真島元真島正
79佐賀スーパージェット牡356.0九日光山口勲
10大井コスモバレット牡356.0宗形竹真島大
811高知サンダベンポート牝354.0細川忠上田将
12高知プラズマディライト牡356.0松木啓倉兼育

黒潮ダービー高知優駿 出走馬 短評

ノブイチ 金沢からの遠征馬。通算14戦のうち12戦が3着以内という安定した成績。石川ダービーでは行き脚ひと息で3着だったが、地力発揮なら巻き返しが必至だ。

ネオプリンセス 昨夏のデビューから7戦連続連対で金の鞍賞も勝利したが、休み明けの最近3戦はいまひとつの成績。馬体重が減少傾向にある点も気にかかる。

ヴァリヤンツリ ここまで18戦17連対で、重賞も2勝。黒潮皐月賞と1800メートルの前走を制した実績と勢いなら、ここでも首位争いが期待できそうだ。

ネイティブゴールド 昨年12月に成績を落としたが、それ以外は善戦傾向がある成績。最近の勝利は逃げ切りだが、中団からでも差を詰める脚を持っている。

スターアイリス JRAでは5戦とも芝で走っていまひとつだったが、高知では6戦とも3着以内で土佐春花賞を差し切り勝ち。今回も立ち回り次第で善戦以上が狙えそうだ。

アウトスタンディン 門別の一般戦で2勝を挙げたが、高知では7戦とも善戦までという状況。それでも長く差し脚を使えるタイプだけに、展開ひとつで台頭する可能性はある。

レマンコ 通算26戦で、デビュー戦の7着以外はすべて5着以内という成績。とはいえ、ひと押しに欠ける感は否めないところで、今回も連下の候補までが妥当だろう。

ベルセルク 佐賀からの遠征馬。門別で5戦未勝利から佐賀に移って好走が続き、現在は9戦連続で3着以内。今回もしぶとく粘り込みを狙いたいところだ。

スーパージェット 佐賀からの遠征馬。門別の一般戦で勝利を挙げ、その後は兵庫で3勝を加えて、佐賀3戦目で九州ダービー栄城賞を制覇。ここでも差し脚発揮なら勝利が狙える。

コスモバレット 大井からの遠征馬。門別でJRA認定戦を勝ち、大井では移籍初戦を制したものの、その後は善戦までという状況。今回は長距離輸送がある点も心配だ。

プラズマディライト JRAでは5戦とも大敗したが、高知では4戦2勝。しかし今回は一気の相手強化で、黒潮皐月賞で5着だった成績からも、強調しにくい感がある。

そのほか、サンダベンポートが出走する。

黒潮ダービー高知優駿 地方競馬専門紙 予想

遠征馬有利の見解で!

地元勢に頑張って欲しいが、今年は昨年のレベルにはない感も。中心にはコスモバレットを据えたい。地元勢ではやはりヴァリヤンツリ。ノブイチ、ベルセルクと遠征馬が続き、あとは距離向く地元のアウトスタンディンを。 詳細はこちら

おすすめ買い目
10→3 10→1 10→8 10→6 3→10 1→10
 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

黒潮ダービー高知優駿 過去のデータ

黒潮ダービー高知優駿を予想しよう!