ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト

  1. 競馬TOP
  2. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  3. 重賞レース一覧
  4. 園田FCスプリント

園田FCスプリント

重賞

第8回 園田FCスプリント

  • 2018年6月21日(木)
  • 園田:第11競走
  • 820m
  • 発走時間 15:55
開催場
園田競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

園田FCスプリント 直前予想

混戦の顔ぶれなら、ダッシュ力があるナチュラリーの押し切りに期待ができそう。ヨアソビはこの距離ならスピードを発揮する可能性が高いだろう。転入2戦目で短距離が向きそうなチェリーサマーにも要警戒。サンライズトークは展開次第だが、うまく先手が取れれば粘り込みが考えられそうだ。エイシンテキサスは条件的に微妙もスピード的に穴で一考。伏兵が台頭する傾向があるだけに、トーホウハンター、インディウムも3連勝式の候補で警戒しておきたい。

園田FCスプリント 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11兵庫レイズオブザサン牡957.0盛本信田中学
22高知カイロス牡857.0那俄哲佐原秀
33兵庫ナイキフェイム牡857.0三宅直廣瀬航
44兵庫サンライズトークセン857.0柏原誠吉村智
55佐賀エイシンテキサス牡857.0東眞市竹吉徹
6兵庫トーホウハンター牡657.0山口益杉浦健
67兵庫インディウム牡657.0田中範岡部誠
8兵庫モンドール牡557.0盛本信竹村達
79兵庫ナチュラリー牡457.0新子雅下原理
10兵庫チェリーサマー牡657.0保利平永島太
811高知ヨアソビ牝555.0雑賀正永森大
12兵庫ニシノクラッチセン657.0山口浩大柿一

園田FCスプリント 出走馬 短評

レイズオブザサン 前走はスタートひと息で大敗したが、先行できればしぶといタイプ。それでも時計勝負となると厳しくなることが予想される。

カイロス 高知からの遠征馬。福山所属時は福山ダービーを制覇するなど活躍し、南関東でも5勝をマーク。昨年も高知で7勝を挙げたが、年明け以降は苦戦傾向になっている。

サンライズトーク 2走前は好位追走のままで4着だったが、先手を取れれば粘れるタイプ。この距離でもスタートダッシュが決まれば押し切りが期待できそうだ。

エイシンテキサス 佐賀からの遠征馬。前走がB級とはいえ、900メートル戦を逃げ切ったスピードには注目できそう。それでも遠征競馬では割引が必要だろう。

トーホウハンター 3走前に1230メートル戦で勝利したが、A級に上がっての2戦はいずれも大敗。時計的にみても、ここに入ると厳しい感が否めない。

インディウム 兵庫ダービーを制し、長期休養明けはA1級では苦戦続きだったが、今春はまずまずの成績。しかし最近2戦はいまひとつで、今回の距離にも疑問符がつく。

モンドール B級で善戦しているものの、底力に欠けるという現状。短距離戦は悪くなさそうだが、今回の経験が今後に生きればというところだろう。

ナチュラリー 前走の1230メートル戦は2着だったが、ダッシュ力を披露したかたち。今回も展開次第となりそうだが、外枠から流れに乗れれば粘り込みが狙えるかもしれない。

チェリーサマー 門別からJRAに移って3勝を挙げたが、1600万条件では苦戦。兵庫転入初戦の前走は5着だったが、転入2戦目と距離短縮での一変には要警戒だ。

ヨアソビ 高知からの遠征馬。前走はマイル戦で失速したが、距離短縮は歓迎材料。今回の相手は強力だが、無理なく先行できれば残り目が考えられそうだ。

そのほか、ナイキフェイムニシノクラッチが出走する。

園田FCスプリント 地方競馬専門紙 予想

瞬き厳禁の超短距離戦

 梅雨真っ只中のこの時期に行われるので馬場状態が心配されるし、超短距離戦で毎年故障馬が出ないように祈っているこのレース。本命はナチュラリー。前走の1230m戦では最後の最後まで粘っていたし、この中間の動きも良好。外めの枠に入ったこともこの馬にとって好材料。 詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 9→4 4→9 9→7 7→9 9→2 9→5
 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

園田FCスプリント 過去のデータ

園田FCスプリントを予想しよう!