ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト

  1. 競馬TOP
  2. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  3. 重賞レース一覧
  4. 一條記念みちのく大賞典

一條記念みちのく大賞典

重賞

第46回 一條記念みちのく大賞典

  • 2018年6月17日(日)
  • 水沢:第12競走
  • 2,000m
  • 発走時間 18:05
開催場
水沢競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

一條記念みちのく大賞典 直前予想

エンパイアペガサスの実力が断然で、相手探しとみるべき一戦。その筆頭も岩手移籍後が3戦とも連対というグランウブロとみるのが妥当だろう。あとは3連勝式の候補で、水沢で良績があるコミュニティ、前走2着のチェリーピッカー、夏場が向いている傾向があるヴェリイブライト。絞って臨むべき一戦と考えるべきだろう。

一條記念みちのく大賞典 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11岩手エイシンエルヴィンセン757.0櫻田樹南郷家
22岩手エンパイアペガサス牡557.0佐藤祐菅原俊
33岩手コミュニティ牡857.0櫻田樹山本政
44岩手ヴェリイブライト牡857.0飯田弘鈴木祐
55岩手グランウブロ牡457.0櫻田康高松亮
66岩手ダンストンレガーメ牝455.0畠山信村上忍
77岩手ブラックロード牡457.0佐々由阿部英
88岩手チェリーピッカー牡557.0畠山信山本聡

一條記念みちのく大賞典 出走馬 短評

エイシンエルヴィン JRAの芝で3勝し、一昨年の春にフランス遠征で1勝を挙げたが帰国後は苦戦。昨秋は南関東に移ったが大敗多数で、ダート適性には疑問符がつく。

エンパイアペガサス 昨年のこのレースの優勝馬で、今年はオグリキャップ記念を大差で制した実績は断然。前走も楽勝しており、連覇する可能性は高い。

コミュニティ 3年前の優勝馬だが、一昨年は4着で昨年は5着。水沢コースの適性が高いことは認めても、今の状況では連下以上の評価はしにくい感が否めない。

ヴェリイブライト 昨夏は笠松でくろゆり賞を制したが、それ以降は差のある敗戦続き。前走は好位から流れ込んで3着に入ったが、今回も3連勝式の候補までが妥当だろう。

グランウブロ 3歳春までに南関東で4勝を挙げたが、休養明けの今年1月以降は苦戦続き。しかし岩手に移ってからの3戦は好走が続いており、ここでも注目できそうだ。

ダンストンレガーメ 2歳時に知床賞、3歳時にあやめ賞と留守杯日高賞を制したが、それ以降は善戦止まり。3走前はブービー人気で2着に入ったが、重賞では苦戦必至だろう。

ブラックロード 昨年は3歳限定の芝の重賞を2勝したが、それ以外ではいまひとつ。長距離向きのスタミナは持っていても、ダート戦では割引が必要だ。

チェリーピッカー JRA未勝利も、岩手では移籍初戦から16戦連続連対で青藍賞を勝利。それ以降は苦戦が多かったが、前走の2着は復調気配といえるかもしれない。

一條記念みちのく大賞典 地方競馬専門紙 予想

充実の4歳馬グランウブロVS連覇狙うエンパイアペガサス

本日のメインは、マーキュリーカップへ向けて注目のレース「一條記念みちのく大賞典」(M1、オープン、右回り、ダート2000m)。前走でも馬体に凄み、そしてレース内容も圧巻だったグランウブロの充実ぶりにかけてみよう。戦績は一枚も二枚も上のエンパイアペガサスは連覇へ意欲。 詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 5→2 2→5 5→4 5→1 5→3 5→8 4→5
 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

一條記念みちのく大賞典 過去のデータ

一條記念みちのく大賞典を予想しよう!