ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  1. オッズパークTOP
  2. 地方競馬TOP
  3. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  4. 佐賀競馬場重賞レース一覧
  5. 佐賀皐月賞
  6. 2019年予想

佐賀皐月賞

重賞

第7回 佐賀皐月賞

  • 2019年4月21日(日)
  • 佐賀:第12競走
  • 1,800m
  • 発走時間 18:00
  • キャンペーン
開催場
佐賀競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

佐賀皐月賞 直前予想

スーパージンガは飛燕賞でニュールックに敗れたが、現在の状況ならば主軸視可能。相手筆頭には、ひと押しに欠けるが相手なりに走れそうなモリデンベーを指名する。ニュールックは前走の影響が心配でも、馬体が戻っていれば巻き返す可能性がありそう。流れ込みが狙えそうなムーンパスノキセキにも警戒したい。エムティミホは力量的に微妙だが、3連勝式の候補として挙げておきたい。

佐賀皐月賞 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11佐賀テイエムヨカンゲナ牡356.0平山宏南谷圭
22佐賀エムティミホ牝354.0柳井宏村松翔
33佐賀オールアウト牡356.0東眞市鮫島克
44佐賀ニュールック牝354.0東眞市山口勲
55佐賀カシノジャスミン牝354.0北村欣石川駿
6佐賀モリデンベー牝354.0濱田一田中直
67佐賀ムーンパスノキセキ牡356.0土井道川島拓
8佐賀スマートダッシュ牝354.0柳井宏長田進
79佐賀テイエムアイガテ牝354.0平山宏竹吉徹
10佐賀ニチウォ牝354.0北村欣石川慎
811佐賀スターオブジーン牡356.0真島元吉田順
12佐賀スーパージンガ牝354.0渡辺博真島正

佐賀皐月賞 出走馬 短評

エムティミホ 門別で8戦するも未勝利で、佐賀に移って7戦目に初勝利。花吹雪賞では3着に入ったが勝ち馬からは差のある内容で、ここでも善戦以上は見込みにくい。

オールアウト 昨年6月のデビュー戦を快勝し、秋にJRA認定・天山賞で2勝目。しかしその後は苦戦傾向が続いており、同世代が相手でも少々厳しいかもしれない。

ニュールック 門別では4戦とも善戦止まりだったが、昨秋の佐賀移籍後は4連勝をマーク。前走の若草賞は大幅馬体減で大敗したが、馬体が戻っていれば侮れない。

モリデンベー デビューから初勝利まで10戦を要したが、大崩れが少ない成績。最近4戦も2着か3着という相手なりに走れる面をいかせれば、ここでも善戦以上が考えられる。

ムーンパスノキセキ 昨夏にJRA認定戦を勝ち、カペラ賞で2着、飛燕賞で3着と善戦。ひと押しに欠ける感は否めないが、ここでも崩れることはなさそうだ。

スマートダッシュ 昨秋までに2勝を挙げ、JRA認定・天山賞で3着に入ったが、重賞では大敗。今回は休み明け2戦目となるが、一変までは微妙かもしれない。

ニチウォ 初勝利まで9戦を要し、その後も苦戦が続いたが、4走前に2勝目をマーク。しかし最近2戦は差のある内容で、中距離では力量不足の感がある。

スターオブジーン 昨夏にJRA認定戦を制したが、それ以後は連対ゼロという成績。後方から差を詰めてくる脚はあるが、馬体重の減少傾向は気にかかる。

スーパージンガ 門別では5戦とも善戦止まりだったが、佐賀移籍後は7戦6勝、2着1回で、前走はル・プランタン賞で圧勝。長く使える差し脚に引き続き注目できそうだ。

そのほか、テイエムヨカンゲナカシノジャスミンテイエムアイガテが出走する。

佐賀皐月賞 地方競馬専門紙 予想

重賞V馬の一騎打ちスーパージンガVSニュールック。

九州クラシック第一弾。飛燕賞勝ちのニュールックとル・プランタン勝ちのスーパージンガの対決に。B級馬ムーンパスノキセキも力的には差がない。中央遠征で揉まれてきたスターオブジーンの差し脚も警戒したいところ。エムティミホ・モリデンベーも展開次第では流れ込みの余地がある。◎スーパージンガはル・プランタンを快勝。フルゲートの大外枠だが、ここも好位でスムーズに追走すると勝てる。 詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 12→4 12→7 4→12 12→11 4→7 12→2 4→11 12→6 7→12
 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

佐賀皐月賞 過去のデータ

佐賀皐月賞を予想しよう!