ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト

  1. 競馬TOP
  2. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  3. 重賞レース一覧
  4. 佐賀皐月賞

佐賀皐月賞

重賞

第6回 佐賀皐月賞

  • 2018年4月22日(日)
  • 佐賀:第12競走
  • 1,800m
  • 発走時間 18:10
  • キャンペーン
開催場
佐賀競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

佐賀皐月賞 直前予想

上位拮抗の感があるが、好位差しの形も取れるリンノゲレイロを主軸に指名。ベルセルクは今回も立ち回りひとつで勝機が考えられそうだ。トーセンプルメリアは相手強化だが前崩れの形なら台頭できそう。好位差しが狙えそうなエスワンノホシも押さえたい。マイメンは今回も先行できればチャンスあり。モダンクラシックは前走案外でもスタート五分なら上位まで。

佐賀皐月賞 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11佐賀スターオブソレイユ牝354.0真島元鮫島克
22佐賀ハーキマーダイヤ牝354.0西久政兒島真
33佐賀エスワンノホシ牡356.0手島勝下原理
44佐賀ニッポンタイショウ牡356.0北村欣吉田順
55佐賀エリザベスセーラ牝354.0北村欣田中純
66佐賀マイメン牝354.0東眞市山口勲
7佐賀ベルセルク牡356.0真島元真島正
78佐賀リンノゲレイロ牡356.0真島元岡村健
9佐賀モダンクラシック牡356.0池田忠笹川翼
810佐賀ローザーブルー牝354.0真島元藤田凌
11佐賀トーセンプルメリア牝354.0山田徹竹吉徹

佐賀皐月賞 出走馬 短評

スターオブソレイユ 門別で2戦未勝利から昨夏に佐賀へと移り、7戦連続で連対。その後は南関東での2戦を含めて苦戦しているが、同世代が相手なら見限れない。

ハーキマーダイヤ JRAで3戦、愛知で3戦するも未勝利で、昨秋の佐賀初戦で初勝利。その後は大崩れの少ない成績が続いており、今回も立ち回り次第で善戦以上が考えられる。

エスワンノホシ 佐賀若駒賞では先行策から押し切ったが、それ以後の3戦がひと押し不足。それでも地力的には互角以上で、兵庫の下原理騎手起用も不気味に映る。

ニッポンタイショウ 門別の一般戦で1勝を挙げ、佐賀では8戦1勝。最近3戦は善戦止まりが続いているが、仕掛けひとつで上位に食い込む可能性は秘めていそうだ。

エリザベスセーラ 昨年5月のデビュー戦からひと押し不足の成績だったが、昨秋にJRA認定戦を2勝。しかし年明け以降は再び、いまひとつの結果が続いている。

マイメン ル・プランタン賞では鞍上の好騎乗もあって快勝。馬体重が増えてこないだけに中1週の競馬は心配だが、それでも地力的に上位とみるのが妥当だろう。

ベルセルク 門別では5戦未勝利だったが、佐賀では9戦8連対と好走。飛燕賞ではクビ差の勝利だったが伸び脚は良好で、今回も差し切りが期待できそうだ。

リンノゲレイロ 門別の一般戦で1勝し、佐賀初戦は7着だったが、それ以降は6戦とも3着以内。佐賀での3勝はすべて圧勝で、今回もその再現を狙いたいところだ。

モダンクラシック JRAでは7戦とも差のある敗戦だったが、佐賀では移籍初戦から4連勝。前走は後方から差を詰められず5着だったが、巻き返す可能性は十分ある。

ローザーブルー 門別では13戦未勝利だったが、善戦傾向がある成績。佐賀では花吹雪賞を制し、ル・プランタン賞で3着からハナ差での4着と、しぶとい脚を見せている。

トーセンプルメリア JRAでは2戦とも大敗したが、佐賀移籍後は初戦3着から4連勝。差し脚を長く使える点も強みで、相手強化でも展開ひとつで勝機が考えられそうだ。

佐賀皐月賞 地方競馬専門紙 予想

真価発揮リンノゲレイロ今度こそ。

3歳クラシックロード第一戦。飛燕賞では内枠から折り合いの悪さを見せてしまったリンノゲレイロだが負けて強し。今回は逃げて能力全開。飛燕賞Vベルセルクは…詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 8→7 8→11 8→3 7→8 8→6 7→11 11→7 8→4
 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

佐賀皐月賞 過去のデータ

佐賀皐月賞を予想しよう!