ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  1. オッズパークTOP
  2. 地方競馬TOP
  3. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  4. ダートグレード競走一覧
  5. クイーン賞
  6. 2018年予想

クイーン賞

JpnIII

第64回 クイーン賞

  • 2018年12月12日(水)
  • 船橋:第11競走
  • 1,800m
  • 発走時間 20:05
開催場
船橋競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

クイーン賞 予想情報 コンテンツ

クイーン賞 直前予想

前走着順は良くないが、JBCレディスクラシックJpnI組が中心になるだろう。メンバー最先着の8着だったアイアンテーラーと、4番人気だったプリンシアコメータが一応上位。ただ、伏兵馬は多く、かなり難しい一戦だ。

クイーン賞 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11北海道アルティマウェポン牝552.0林和弘町田直
22船橋オルキスリアン牝551.0張田京今野忠
33大井ブランシェクール牝554.0藤田輝吉原寛
44名古屋ラモントルドール牝451.0今津博高松亮
55北海道タイムビヨンド牝651.0堂山芳五十冬
66川崎ドンナディヴィーノ牝551.0河津裕櫻井光
7JRAアイアンテーラー牝454.0飯田雄濱中俊
78JRAハービンマオ牝353.0中舘英松岡正
9JRAプリンシアコメータ牝556.0矢野英Cデム
810JRAサルサディオーネ牝454.0羽月友丸山元
11大井ラインハート牝752.0月岡健笹川翼

クイーン賞 出走馬 短評

************
JRA所属馬短評
************
アイアンテーラーは前走JBCレディスクラシックJpnIが8着。最内枠を利してハナを叩いて、単騎の逃げ。マイペースに持ち込むことはできたが、最後の直線半ばで交わされてしまった。重賞初挑戦だったので仕方がない結果ではあった。

ハービンマオは2走前のブリーダーズゴールドカップJpnIIIが5着。4着のフォンターナリーリとタイム差はなく、ブランシェクール(6着)には先着。牝馬トップクラスとはまだ見劣りするが、今回は善戦しても不思議はない。

プリンシアコメータは前走JBCレディスクラシックJpnIが10着。先団馬群の中から追走していたが、勝負どころからの反応が悪く、最後の直線ではほぼ追っていなかった。バテたというよりも揉まれて気難しい面を出した印象だ。気分よく走ることができれば巻き返しがあるだろう。

サルサディオーネは前走JBCレディスクラシックJpnIが12着。スタートして前へ行く姿勢は見せたが、最内のアイアンテーラーを見て2番手に控えた。相手そのものがきつかった印象はあるが、すんなりと先手を取ることができないと惨敗も仕方がない。

*************
地方所属馬短評
*************
アルティマウェポン(北海道)は前走レディスプレリュードJpnIIで13番人気ながら3着と激走。追い込みがはまる展開になるようであれば、今回も怖いかもしれない。ただ、左回りは課題になりそうだ。

オルキスリアン(船橋)は地元馬で船橋は9勝の実績。ダートグレードでのキャリアは浅いが、今年4月のマリーンカップJpnIIIでは5着だった。今回は斤量51キロの軽ハンデ。展開が向けば、もう少しいい勝負になるかもしれない。

ブランシェクール(大井)は前走JBCレディスクラシックJpnIが11着。久々に中央の舞台に戻ってきたが、スピードが問われる馬場は厳しいようだ。今回は力が出せるだろう。

クイーン賞 地方競馬専門紙 予想

上位勢不在に加えハンデ戦で混戦模様ならブランシェクールにチャンス

【中央所属馬の評価】 JRA勢の1番手はプリンシアコメータ。昨年のこのレースは、岩田騎手を背に1分51秒8と、過去9年で最も速いタイムで逃げ切った。今回56キロと昨年より1キロ増。同型の出方次第だが、2番手で我慢が利けば好レース。 ハービンマオは関東オークスに勝った3歳馬。ここ2戦ひと息も、今回53キロなら展開次第で持ち味の差しが生きるか。 詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 3→9 9→3 3→1 1→3 3→8 8→3 3→7 3→2 3→5
 

※浦和競馬、船橋競馬、大井競馬、川崎競馬のダートグレード競走は、市中銀行会員のみ投票できます。
※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

クイーン賞 過去のデータ

クイーン賞を予想しよう!