ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  1. オッズパークTOP
  2. 地方競馬TOP
  3. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  4. ダートグレード競走一覧
  5. エーデルワイス賞
  6. 2019年予想

エーデルワイス賞

JpnIII

第22回 エーデルワイス賞

  • 2019年10月10日(木)
  • 門別:第11競走
  • 1,200m
  • 発走時間 20:00
開催場
門別競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

エーデルワイス賞 直前予想

地方勢の3連勝が期待できるメンバー構成。今年のリリーカップはかなり波乱の決着になったが、上位2頭のスピードが抜けており、かなり強い内容に見えた。中心はプリモジョーカー。中央の芝経験があり、ダートでは3戦3勝。グランド牧場生産馬で、角川秀樹厩舎というのもプラス要素だ。中央勢は苦しそうだが、ニシノミンクスは上位争いができそう。

エーデルワイス賞 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11JRAデビルスダンサー牝254.0奥村武藤田菜
22北海道スマイルエルフ牝254.0田中淳岩橋勇
3北海道マナモクプニ牝254.0米川昇阪野学
34北海道プリモジョーカー牝254.0角川秀阿部龍
5JRAニシノミンクス牝254.0伊藤圭内田博
46北海道グローリアスレゴン牝254.0川島雅落合玄
7北海道クモキリ牝254.0米川昇石川倭
58北海道アザワク牝254.0角川秀桑村真
9北海道ミリミリ牝254.0小野望小野楓
610JRAウィーンソナタ牝254.0伊藤圭田邊裕
11北海道ミホスローロリス牝254.0佐々国亀井洋
712JRAキラットダイヤ牝254.0上原博戸崎圭
13北海道レインズパワー牝254.0小国博宮崎光
814北海道コーラルツッキー牝254.0田中淳服部茂
15北海道ミナトノヨーコ牝254.0川島洋五十冬

エーデルワイス賞 出走馬 短評

************
JRA所属馬短評
************

デビルスダンサーはダートで2戦1勝。前走中山ダート1200メートルを藤田菜七子騎手で勝ち上がった。斤量3キロ減の恩恵があり、勝ち時計も平凡だったのでいきなり重賞ではどうか。

ニシノミンクスは前走新潟ダート1200メートルを勝利。スタートをしっかりと決め、ハイペースを2番手から追走。最後は逃げ馬を捕らえて2馬身半引き離してゴールした。勝ち時計はやや平凡だが、余裕ある勝ち方だった。

ウィーンソナタはデビュー戦となった中山ダート1200メートルで逃げ切り勝ちを収めた。スピードで圧倒はできたが、勝ち時計はかなり平凡。

キラットダイヤはダートで3戦1勝。函館でデビューし、前走札幌ダート1000メートルを勝った。こちらも減量騎手が騎乗で3キロ減。勝ち時計も平凡ではあった。

*************
地方所属馬短評
*************

注目はプリモジョーカー(北海道)。ダートでは3戦3勝の成績。前走リリーカップでは馬なりで先手を奪うと、終始持ったまま。最後の直線では力強く伸びて3馬身差で完勝した。同レースの2着はグローリアスレゴン(北海道)。スタートは一番速く、勝ち馬にハナは譲ったが2番手から追走。勝負どころでの手ごたえは勝ち馬とは違いすぎたが、失速せずに最後まで食い下がっていた。

エーデルワイス賞 地方競馬専門紙 予想

プリモジョーカーが今年の2歳女王に輝く

【中央所属馬の評価】 ウィーンソナタは新馬勝ちした素質馬だが、勝ち時計が平凡。重賞で同型も揃った今回はどうだろう。キラットダイヤは3戦目で初勝利を挙げたが、今回は距離延長に加え、多頭数。揉まれる競馬だと心配。デビルスダンサーの持ち時計はJRA勢の中で一番速い。先行力も道営勢にヒケを取っていないし、鞍上は先週重賞初勝利を飾った藤田菜七子騎手。勢いに注目。 ニシノミンクスの新馬戦、出遅れながらも首差2着は力のある証拠だ。2戦目で順当勝ち。追ってからも味があるし、直線の長い門別は向きそう。上位圏内。
詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 4→8 8→4 4→6 6→4 4→13 13→4 4→14 4→1
 

※ホッカイドウ競馬は、ジャパンネット銀行会員、市中銀行会員のみ投票できます。
※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

エーデルワイス賞 過去のデータ

エーデルワイス賞を予想しよう!