ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト

  1. 競馬TOP
  2. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  3. ダートグレード競走一覧
  4. エーデルワイス賞

エーデルワイス賞

JpnIII

第21回 エーデルワイス賞

  • 2018年10月16日(火)
  • 門別:第11競走
  • 1,200m
  • 発走時間 20:00
開催場
門別競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

エーデルワイス賞 直前予想

北海道のキスミーローズに注目。サウスヴィグラス×アサティスの配合は、ラブミーチャンやタイニーダンサーと同じでダートの鬼。母のプリモローズは現役時代、中央でダートの短距離を3勝。札幌ダート1000メートルで2勝しており、地元との縁も感じる。中央勢ではデンバーテソーロが1番手になるだろうか。前走の勝ちタイムは水準並みだが、4馬身差の完勝だった。

エーデルワイス賞 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11北海道タイムゴールド牝254.0林和弘井上俊
2JRAヒストリコ牝254.0土田稔田邊裕
23北海道ファーストメロディ牝254.0齊藤正阪野学
4JRAカシノティーダ牝254.0田所秀五十冬
35北海道オスピタリタ牝254.0田中淳服部茂
6北海道レコードチェイサー牝254.0角川秀阿部龍
47北海道スティールティアラ牝254.0角川秀桑村真
8JRAケイゴールド牝254.0中野栄戸崎圭
59北海道シェリーアモール牝254.0山口竜笹川翼
10北海道グレイアンジェラ牝254.0角川秀吉原寛
611北海道エムティアン牝254.0山口竜矢野貴
12北海道キスミーローズ牝254.0角川秀岩橋勇
713北海道レスプレンデント牝254.0國信満井上幹
14北海道パレスラブリー牝254.0角川秀宮崎光
815JRAデンバーテソーロ牝254.0栗田徹吉田隼
16北海道アークヴィグラス牝254.0小野望石川倭

エーデルワイス賞 出走馬 短評

************
JRA所属馬短評
************
ヒストリコはデビュー戦が函館ダート1000メートル。2着に3馬身半の差をつける逃げ切り勝ちだった。ただ、タイム的には目立たず、減量騎手が騎乗していた。

カシノティーダは父がケイムホームで、母父がシンボリクリスエス。芝よりもダート向きだろうが、実際には未経験。九州産馬でもあり、厳しそうだ。

ケイゴールドは3戦目にダートを使い2着。続く前走中山ダート1200メートル(牝馬限定)で初勝利を飾った。タイムは平凡だが、差す競馬をできた点は収穫だろう。

デンバーテソーロは3戦目の函館ダート1000メートルで初勝利を飾った。その前には函館2歳ステークスGIII・3着のカルリーノと差がない競馬をしており、芝でもやれる馬。現時点での地力そのものが高い。

*************
地方所属馬短評
*************
前哨戦のリリーカップを勝利しているのがアークヴィグラス(北海道)。名前が示す通り、父がサウスヴィグラスである点も強調材料。同産駒であるキスミーローズ(北海道)は、さらにグランド牧場生産馬で、角川秀樹厩舎。三拍子揃った一番の注目馬だ。角川厩舎の馬は、フローラルカップ2着のスティールティアラ(北海道)など、警戒すべき馬が今年も多い。

エーデルワイス賞 地方競馬専門紙 予想

デンバーテソーロが2歳女王に輝く

【中央所属馬の評価】 カシノティーダは一戦毎に時計を詰めて、九州産限定のひまわり賞で初勝利を挙げたが、今回は初のダート戦で相手も強力。同型も強く、どこまで食い下がるか。 ケイゴールドはダートに矛先を向けてから②①着。中山1200メートルでの勝ち時計も悪くないし、多頭数も経験済み。決め手も確か。ここでも楽しみ。 ヒストリコの前走はスタートで躓いて最後まで流れに乗れなった。敗因はハッキリしているし度外視していい。 詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 15→7 7→15 15→1 1→15 15→16 16→15 14→11 15→6
 

※ホッカイドウ競馬は、ジャパンネット銀行会員、市中銀行会員のみ投票できます。
※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

エーデルワイス賞 過去のデータ

エーデルワイス賞を予想しよう!