サマーチャンピオン|ダートグレード競走一覧|ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト|オッズパーク競馬

ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト

  1. 競馬TOP
  2. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  3. ダートグレード競走一覧
  4. サマーチャンピオン

サマーチャンピオン

JpnIII

第18回 サマーチャンピオン

開催場
佐賀競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

サマーチャンピオン 予想情報 コンテンツ

サマーチャンピオン 直前予想

混戦模様で難解だが、8枠に入った両エイシンに注目。エイシンバランサー、エイシンヴァラーともにかなり有力に見える。中央勢の1番手は、プロキオンステークスGIII組のルグランフリソン。前走のようなことはなく、確実に巻き返してくるはずだ。

サマーチャンピオン 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11佐賀マサヤ牡752.0東眞市山口勲
22佐賀オウノミチ牡752.0中野博田中純
33JRAブルミラコロ牡656.0大久保秋山真
44JRAタイセイエクレール牡554.0森田直Mデム
55佐賀サンマルドライヴ牡552.0西久政兒島真
66JRAタイセイプライド牡353.0西村真大野拓
7佐賀ヒショウセン1052.0井樋明田中直
78JRAヨシオ牡555.0森秀行戸崎圭
9JRAルグランフリソン牡556.0中竹和福永祐
810兵庫エイシンバランサー牡655.0新子雅下原理
11兵庫エイシンヴァラー牡756.0新子雅吉村智

サマーチャンピオン 出走馬 短評

************
JRA所属馬短評
************
ブルミラコロはオープンクラスに上がってからは室町ステークス1着や天王山ステークス2着などの実績。京都ダート1200メートルで結果が出ており、平坦で軽いダートがベストかもしれない。

タイセイエクレールは前走安芸ステークスを勝利して、晴れてオープン入りを果たした。やや勝ちみに遅い分、安定感はある。1月の羅生門ステークスでは勝ったルグランフリソンと0秒4差の3着。いきなりオープンで通用しても不思議はない。

タイセイプライドは早い時期に芝で3勝をマークしている。ヨハネスブルグ産駒なので早熟な面はあるが、芝とダートはどちらもこなせる。初ダートながらどんなレースをするか楽しみだ。

ヨシオは前走マーキュリーカップJpnIIIで2着に好走。主導権を握り、自分のペースで行ければこれぐらいは走れる。ただ、今回は距離短縮。追走が忙しくなる点は不安だ。

ルグランフリソンは3走前のオアシスステークスではサンライズノヴァに競り勝ったが、前走プロキオンステークスGIIIは大きく離れた11着に敗れた。ただ、前走に関しては時計が速すぎる馬場で、参考外だ。左回り専用馬というわけでもない。

*************
地方所属馬短評
*************
エイシンヴァラー(兵庫)は今年の黒船賞JpnIIIを制している。その後のかきつばた記念JpnIII・4着、プロキオンステークスGIII・12着の走りを見ると、フロックではなさそうだ。元中央馬で、地力が備わっている。

エイシンバランサー(兵庫)は、転入2戦目笠松の重賞を4馬身差で完勝した。3月のコーラルステークスではモーニンの5着に善戦しており、普通に力はある。ダートグレードでもいきなり注目だ。

サマーチャンピオン 地方競馬専門紙 予想

地力強化目立つヨシオが重賞初制覇へ

【中央所属馬の評価】 ヨシオは函館からの連闘で挑んだ盛岡のマーキューリーCで2着と健闘。強行軍の疲れが気になるが、今シーズンの地力強化には目を見張るものがある。2000→1400に距離は短縮されたが、この距離でも2勝をマークしているなら不安はない。鞍上も前回に引き続き相性のいい戸崎騎手。重賞初制覇へ王手。 詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 8→4 4→8 8→3 3→8 8→11 11→8 8→9 8→6
 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

サマーチャンピオン 過去のデータ

サマーチャンピオンを予想しよう!