ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト

  1. 競馬TOP
  2. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  3. ダートグレード競走一覧
  4. スパーキングレディーカップ

スパーキングレディーカップ

JpnIII

第22回 スパーキングレディーカップ

  • 2018年7月5日(木)
  • 川崎:第11競走
  • 1,600m
  • 発走時間 20:10
開催場
川崎競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

スパーキングレディーカップ 予想情報 コンテンツ

スパーキングレディーカップ 直前予想

3歳馬の出走はなく、古馬との力関係の比較という悩みはない。TCK女王盃JpnIIIとエンプレス杯JpnII勝利の実績があるワンミリオンスが復調気配。重賞3勝目を狙う。ラビットランは近走(芝)の内容は悪くなく、調子は問題なさそう。半信半疑だが、ダートの走りも久々に見てみたい気がする。オウケンビリーヴも距離延長と地方の馬場で新味が出れば。

スパーキングレディーカップ 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11大井ブランシェクール牝555.0藤田輝御神訓
22川崎マコトカンパネッロ牝655.0加藤誠赤岡修
33JRAリエノテソーロ牝455.0武井亮吉田隼
44川崎ドンナディヴィーノ牝555.0河津裕矢野貴
5川崎ラーゴブルー牝455.0内田勝吉原寛
56川崎シュンプウ牝455.0加藤誠町田直
7大井ラインハート牝755.0月岡健笹川翼
68JRAワンミリオンス牝557.0小崎憲福永祐
9JRAラビットラン牝457.0角居勝川田将
710船橋オルキスリアン牝555.0張田京繁田健
11浦和フラワーオアシス牝555.0工藤伸瀧川寿
812JRAオウケンビリーヴ牝555.0安田隆ルメー
13船橋マテリアメディカ牝555.0矢野義小杉亮

スパーキングレディーカップ 出走馬 短評

************
JRA所属馬短評
************
リエノテソーロはデビューから4連勝でエーデルワイス賞JpnIIIや全日本2歳優駿JpnIを制している。芝・ダート兼用馬であることは間違いないが、3歳時のユニコーンステークスGIIIやテレ玉杯オーバルスプリントJpnIIIでは大きく敗れている。早熟の懸念もあり、マイルの距離もやや長い印象がある。

ワンミリオンスは近2走、中央のオープン特別で敗れている。ただ、前走・アハルテケステークスは勝ち馬がサンライズノヴァで、同馬とコンマ6秒差。東京ダート1600メートルの舞台ということを考えると悪くない内容かもしれない。実力的には上位であり、アッサリと勝利しても不思議はない。

ラビットランは久々にダートに戻ってきた。デビュー戦の圧勝劇、血統からはダートに高い適性があるはず。目先を変えたことで、一変があるかどうか。

オウケンビリーヴは前走・天王山ステークスで7着。スタートで躓き、流れに乗れなかったのは確かだが、1200メートルの追走はやや厳しいかもしれない。全兄にバトードール(ユニコーンステークス2着)や半姉にアイスドール(クイーン賞JpnIII・3着)らがいる血統で、距離延長がプラスに出てもおかしくない。

*************
地方所属馬短評
*************
実績的にはラインハート(大井)が上位だが、前走川崎のマイル戦で大きく敗れている点が心配。ブランシェクール(大井)は昨年のエンプレス杯JpnIIが出遅れて7着に終わった。その時も1枠であり、スタートがカギになる。ダートグレード初挑戦になるラーゴブルー(川崎)は、勢いと若さで挑む。

スパーキングレディーカップ 地方競馬専門紙 予想

夏の女王はブランシェクール

【中央所属馬の評価】リエノテソーロは2歳時、当地で全日本2歳優駿を3馬身差快勝。ヒガシウィルウィンに2秒近い差を付けた。以降は芝を中心に使われ未勝利だが、近走もG1以外なら1秒差以下と崩れてはおらず、早熟の評価を下すのはまだ早計。単騎逃げ確実のメンバーで、55キロと斤量面も有利。ここは文字通り正念場の一戦。 詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 1→3 3→1 1→8 8→1 1→9 9→1 3→8 8→3 1→5 1→12
 

※浦和競馬、船橋競馬、大井競馬、川崎競馬のダートグレード競走は、市中銀行会員のみ投票できます。
※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

スパーキングレディーカップ 過去のデータ

スパーキングレディーカップを予想しよう!