ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト

  1. 競馬TOP
  2. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  3. ダートグレード競走一覧
  4. エンプレス杯

エンプレス杯

JpnII

第64回 エンプレス杯

  • 2018年2月28日(水)
  • 川崎:第11競走
  • 2,100m
  • 発走時間 16:30
開催場
川崎競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

エンプレス杯 予想情報 コンテンツ

エンプレス杯 直前予想

プリンシアコメータはクイーン賞JpnIIIを勝った時の鞍上、岩田康誠騎手に手が戻る。前走を度外視して、あらためて注目だ。連勝で勢いに乗るミッシングリンクも当然有力。連覇を狙うワンミリオンスの巻き返しがあってもおかしくはない。

エンプレス杯 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11JRAアンジュデジール牝454.0昆貢横山典
22大井ラインハート牝755.0月岡健笹川翼
33JRAサルサディオーネ牝454.0羽月友丸山元
44大井ステップオブダンス牝454.0藤田輝森泰斗
55JRAワンミリオンス牝556.0小崎憲福永祐
66船橋エミノマユアク牝555.0渋谷博澤田龍
7JRAプリンシアコメータ牝555.0矢野英岩田康
78船橋クラカルメン牝955.0矢野義小杉亮
9JRAミッシングリンク牝454.0齋藤誠戸崎圭
810浦和ジュンアイノキミ牝454.0柘榴浩瀧川寿
11大井ティルヴィング牝555.0高野毅坂井英

エンプレス杯 出走馬 短評

************
JRA所属馬短評
************
アンジュデジールは前走クイーン賞JpnIIIが2着。逃げたプリンシアコメータをマークしながらの競馬で、手ごたえは悪くなかったが、捕らえ切ることができなかった。今回、距離が延びても対応はできそうでも、逆転の可能性はやや薄いかもしれない。

サルサディオーネは大敗続き。中央の重賞では勝負になっていない。相手関係はだいぶ楽になるが、ここでもどうか。

ワンミリオンスは昨年のJBCレディスクラシックJpnI・4着以来となる実戦。また、このレースでは連覇がかかる。ローテーションは異なるが、ひと息入れて仕切り直し。左回りの方が実績はあるので、いきなり勝負とみたい。

プリンシアコメータは前走TCK女王盃JpnIIIで1番人気に支持されたが6着に敗れた。スタートはまずまずに見えたが、ハナへは行かず、先団から前を見ながらの競馬。ペースはあまり速くなさそうで、最後は決め手の勝負になっただろうか。クイーン賞JpnIIIの時のように自分でレースを作る展開に持ち込みたい。

ミッシングリンクは前走TCK女王盃JpnIIIで重賞初制覇。1000万クラスの平場戦を勝ち上がったばかりだったが、堂々とした内容。2馬身突き抜ける完勝だった。地方の水が合った点も、大きな勝因だろう。

*************
地方所属馬短評
*************
ラインハート(大井)はダートグレードで善戦が続いている。左回りも大丈夫。展開が向くかどうかだが、距離延長も問題なさそうだ。

エンプレス杯 地方競馬専門紙 予想

プリンシアコメータが巻き返す!

【中央所属馬の評価】プリンシアコメータはJBCレディスクラシック2着、クイーン賞1着。前走のTCK女王盃では1番人気に推されたものの、馬群の中に入ったのが裏目に出た。もまれずスムーズにレース出来れば…詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 7→9 9→7 7→1 1→7 7→5 5→7 9→1 1→9 7→2 7→4
 

※浦和競馬、船橋競馬、大井競馬、川崎競馬のダートグレード競走は、市中銀行会員のみ投票できます。
※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

エンプレス杯 過去のデータ

エンプレス杯を予想しよう!