ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト

  1. 競馬TOP
  2. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  3. ダートグレード競走一覧
  4. 兵庫チャンピオンシップ

兵庫チャンピオンシップ

JpnII

第19回 兵庫チャンピオンシップ

  • 2018年5月3日(祝木)
  • 園田:第10競走
  • 1,870m
  • 発走時間 15:55
  • キャンペーン
開催場
園田競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

兵庫チャンピオンシップ 直前予想

伏竜ステークスとヒヤシンスステークスの好走馬は不在だが、昇竜ステークスを勝っているメイショウヒサカタがいる。距離延長がどうかだが、対応はできるとみる。逆転があるとすればテーオーエナジー。前走の勝ちっぷりが強い。この2頭の首位争いだろう。

兵庫チャンピオンシップ 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11兵庫エンジェルアイドル牝354.0坂本和永井孝
22笠松ローザルーナ牝354.0湯前良大原浩
33JRAテーオーエナジー牡356.0宮 徹岩田康
44JRAビッグスモーキー牡356.0清水久濱中俊
55JRAキャベンディッシュ牡356.0小檜悟Mデム
66兵庫アゼツライト牡356.0雑賀伸川原正
7笠松スリルトサスペンス牝354.0湯前良佐藤友
78JRAワークアンドラブ牡356.0田所秀田中学
9兵庫エムティストロフィ牝354.0長倉功高畑皓
810JRAメイショウヒサカタ牝354.0浅見秀池添謙
11兵庫クリノヒビキ牡356.0橋本明下原理

兵庫チャンピオンシップ 出走馬 短評

************
JRA所属馬短評
************
テーオーエナジーはダート1800メートルで4戦2勝。使われつつ良化しており、前走500万クラスの阪神ダート1800メートルは強かった。5馬身差で勝ち時計も優秀。いきなりオープンクラスでも通用するだろう。

ビッグスモーキーは今年に入り芝に挑戦していたが、今回はダートに戻してきた。年末の全日本2歳優駿JpnIでは5着。これぐらいの走りでも仕方がない気もするが、距離延長はプラスになるかもしれない。

キャベンディッシュは前走伏竜ステークスが大きく離れた7着。中1週の競馬で馬体重もマイナス10キロ。本調子ではなかったかもしれない。力がいる馬場と小回りは合いそうなので、見直しは必要だろう。

ワークアンドラブはオープンクラスに上がって苦戦している。成績が示す通り、もう少し力をつける必要があるだろう。

メイショウヒサカタはここまでダートで3勝をマーク。前走はオープンクラスの昇竜ステークスを勝利した。格的には十分、というか一番の存在だ。ただ、距離延長が課題。1400メートルがピッタリの印象で、初の中距離でどんなレースをするか注目。

兵庫チャンピオンシップ 地方競馬専門紙 予想

キャリアは浅くとも完成度高いテーオーエナジーが主役!

【JRA所属馬の評価】◆テーオーエナジーは中央オープンクラスの出走経験こそないが、3走前の勝ち馬スマハマと2走前の勝ち馬グレートタイムはその後のヒヤシンスS(オープン特別)で1、4着。その2頭とそう差のないレースをしている本馬も上級クラスで渡り合える力は備えていると見ていい。浅いキャリアながらスタートセンスや反応の良さが素晴らしく、初の地方小回りも難なく対応できそうだ。 詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 3→4 4→3 3→5 5→3 3→10 10→3 3→8 3→6 4→5
 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

兵庫チャンピオンシップ 過去のデータ

兵庫チャンピオンシップを予想しよう!