ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  1. オッズパークTOP
  2. 地方競馬TOP
  3. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  4. ダートグレード競走一覧
  5. 東京大賞典
  6. 2018年予想

東京大賞典

GI

第64回 東京大賞典

  • 2018年12月29日(土)
  • 大井:第10競走
  • 2,000m
  • 発走時間 16:30
開催場
大井競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

東京大賞典 予想情報 コンテンツ

東京大賞典 直前予想

厳密には不安点があるものの、ゴールドドリームとオメガパフューム、ケイティブレイブの“3強”と見ていいだろう。大井の2000メートルであればかなり際どい争いになるはずで、いずれの馬にも勝機はある。そこにサウンドトゥルーがどこまで迫り、食い込めるかが見どころだろう。

東京大賞典 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11金沢マイネルリボーン牡857.0高橋俊青柳正
2JRAケイティブレイブ牡557.0杉山晴福永祐
23北海道スーパーステション牡457.0角川秀阿部龍
4大井モジアナフレイバー牡355.0福永敏繁田健
35JRAオメガパフューム牡355.0安田翔Mデム
6JRAエイコーン牡355.0吉田直岩田康
47船橋サウンドトゥルーセン857.0佐藤太御神訓
8金沢ヤマミダンス牝455.0中川雅中島龍
59大井フレアリングダイヤ牡355.0市村誠井上幹
10JRAリーゼントロック牡757.0矢作芳松岡正
611JRAクリソライト牡857.0音無秀戸崎圭
12大井ワークアンドラブ牡355.0荒山勝真島大
713JRAゴールドドリーム牡557.0平田修ルメー
14大井コスモプラシデス牡457.0秋吉和千田洋
815大井グルームアイランド牡757.0渡邉和矢野貴
16JRAアポロケンタッキー牡657.0山内研マーフ

東京大賞典 出走馬 短評

************
JRA所属馬短評
************
ケイティブレイブは前走チャンピオンズカップGIが2番人気で11着に敗退。道中の手ごたえが多少怪しい感じはしたが、それにしても最後の直線で伸びなかった。JBCクラシックJpnIの反動に加え、馬体重がさらに10キロ増えており、太めだったことが敗因かもしれない。まずは体重を減らして、動ける馬体に戻ることが先決だ。

オメガパフュームは前走チャンピオンズカップGIは5着。ペースがあまり上がらず、速い上がりの決着になってしまい、この馬にとっては不向きな展開になってしまったか。いつものような爆発的な決め手が見せられなかった。この秋は厳しい相手のレースが続くが、まだ余力が残っているようであれば再度期待。大井は経験しており、問題はない。

エイコーンはダートで戦うようになり、【4.4.0.0】の成績で連対率は100%。フリオーソ産駒なので芝よりもダート向きだったのは明らかだ。ただ、今回が重賞初挑戦というかなり厳しい条件。3連勝中で底は見せていないものの、前走花園ステークスの内容では、いきなりオープンクラスでどうかといったところ。オッズ次第ではありそうだが、力関係だけを考えると狙いにくい。

リーゼントロックはオープンクラスのキャリアは豊富ながら重賞での好走歴はない。パワー型で、地方のダートは合いそうな感じもあるが、さすがにここでは厳しいだろう。

クリソライトは前走浦和記念JpnIIが3着。長期休養明けだったJBCクラシックJpnIの惨敗は仕方なく、同レースを叩かれて良化は見せた。しかし、まだ完調ではない。ここでも力は足りるものの、さらに上積みを見せられるか。

ゴールドドリームはチャンピオンズカップGIの出走を予定していたが、直前にアクシデントがあり回避した経緯がある。大きなケガではなく、こうして今回出走してくるのだから、力を出し切れる状態にはあるのだろう。マイルチャンピオンシップ南部杯JpnIではルヴァンスレーヴとの一騎打ちで敗れたが、相手が強すぎた。同馬が不在の今回は、本馬が主役だ。

アポロケンタッキーは実績・実力的には有力馬なのだが、不安定すぎていつ走るかわからないのが悩み。どちらかと言うと左回りの方が期待できる印象で、川崎記念JpnIあたりが狙い目か。大井の2000メートルではあまり強気にはなれないが、果たしてどうなるか。

*************
地方所属馬短評
*************
サウンドトゥルー(船橋)は今回から南関東の所属で出走。明らかにピークは過ぎているが、まだ現役トップクラスに近い実力はある。冬場には強いタイプで大井の実績も十分。巻き返しが期待できそうだ。

東京大賞典 地方競馬専門紙 予想

ゴールドドリームが帝王賞、東京大賞典連破を狙う

【中央所属馬の評価】 帝王賞ではケイティブレイブにクビ差競り勝ち上半期の王者となったゴールドドリーム。17年チャンピオンズカップ以来、5戦3勝2着2回とほぼ1年連対を外していない。前走の南部杯は3歳のルヴァンスレーヴを捉えられなかったが、休み明けもあった。問題があるとすれば出走予定だったチャンピオンズカップを右前脚の不安で回避した影響があるかどうか。鞍上はJRAリーディングジョッキーのルメール騎手。 詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 13→2 2→13 13→5 5→13 13→7 7→13 2→5 5→2 13→6 13→16
 

※浦和競馬、船橋競馬、大井競馬、川崎競馬のダートグレード競走は、市中銀行会員のみ投票できます。
※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

東京大賞典 過去のデータ

東京大賞典を予想しよう!