予想情報

競馬予想情報   佐賀競馬

12月24日 佐賀競馬:競馬専門紙の予想ブログ

今回はある程度絞られるレースが多く、的中確率も高めの印象です。5レースは主力争いのところです。すんなり先行できるとトーホクカレンとクラウンナイトのVまで。器用さ発揮でマイネルコルテーゼが浮上。6レースはスターペスジンタが優勢。前走のレースぶりから信頼度は高めです。7レースは時計リードのダイワアズール中心に。8レースは先行馬が揃い展開次第では波乱の要素も含みます。力ではカシノレインボーが抜けています。9レースは主力3頭のV争い伯仲です。10レースは3歳トップクラスの脚力コパノモーニングが中心に。最終11レースは中島記念。ここは一騎打ちの様相です。


5レース<主力争い>[買い目 5 3 4]
◎5、マイネルコルテーゼ 前走も後方待機で脚温存。最後は良く伸びた。脚質転換の傾向にあるが幅が出たのは収穫。今回もその自在性が魅力になるしV圏狙える。
○3、トーホクカレン 今回もテン取れるメンバー。自己ペースで行けるかが最大のポイント。近走はなかなか勝てないが、すんなり行くとここも際どい勝負に。
▲4、クラウンナイト 前走は出遅れて位置取り悪くなったが揉まれず浮上できた。今回もスタートと位置取りがカギ。2番手確保で流れ掴めるとV攻防に。

6レース<軸信頼〉[買い目 4 7 8] 
◎4、スターペスジンタ 当地初戦は2番手から楽に抜け出し快勝。タイムが優秀で実力証明した。今回も相手強化はないし、展開面に不安もない。ここも中心。
○7、ナンクルナイサ 近走は安定してきたが勝ち星がないし、ここも1頭強いから自力で捌くには厳しい印象。崩れないとV圏までは困難。
▲8、シゲルホシガキ 未だ1勝馬で決め手に甘さが残っている。今回はスターペスジンタが優勢だし、この馬も自力で勝つには厳しい印象。

7レース<主力争い>[買い目 8 5 3 4]
◎8、ダイワアズール 当地4連勝中で下してきた相手も強い。今回は若干の相手緩和だし、当然ここもテンから飛び出し逃げ切り狙える。
○5、メジロガラメキ スピード勝負になると分の悪さがある。今回もダイワアズールのスピードが1枚上。自力で勝つには厳しい相手だが乱戦になると即浮上。
▲3、クラウンザショパン 前走はスタート今ひとつで内で揉まれる競馬になった。今回は切り返して2番手外確保が可能だし、山口騎手に戻る点も考慮。
Δ4、ラストラッキー 復帰後3戦消化し上向き傾向に。今回は長田騎手が調教から乗っているし、この鞍替わりは大きい。相手は強いが一変まで。

8レース<展開カギ>[買い目 6 9 8 5 1]
◎6、カシノレインボー 当地2戦目より山口騎手とのコンビで4連勝。その内容が圧倒的で、余裕の勝ちっぷり。今回は同型揃ったがここも力でねじ伏せる。
○9、スプリングスワン 復帰戦は仕上がり途上だったがひと差し見せた。今回は叩かれた上積みが見込めるし、長田騎手に替わる点も魅力。展開的にも面白い存在に。
▲8、モーシャ 道営2勝2着4回で距離もこなす。脚質的には揉まれ弱さもありそうだからこの外枠は好都合。あとは他馬との折り合いとペースがカギに。
Δ5、アプローズレディー 前走は揉まれる競馬になり決め手欠いた。ある程度の位置取りなら器用さ発揮できるし、ここは展開的にそこが魅力になる。
注1、ゴールドルーキー デキは今ひとつの感じだが、稽古内容は悪くない。1枠だし、ここは先行馬多彩で展開的な魅力もある。流れ次第ではV圏まで。

9レース<主力伯仲>[買い目 1 4 10]
◎1、マイネピース 前走は無理せず待機。勝負処から一気に伸びて快勝し新たな一面を見せた。今回は乗り替わりだが同様に動くとここでも勝てる。
○4、フレンドリードレス 前走は好位待機でしっかり脚温存し最後まで良く伸びた。今回は相手も揃ってきたがタイム的には遜色ないし、ここも目が離せない。
▲10、ハクユウライナー 2連勝で勢いに乗ったがここは相手強化。外枠で位置取りも微妙になるから、その点をどうカバーできるかがポイントに。

10レース<絞られる>[買い目 2 9 3]
◎2、コパノモーニング 3歳オープンのロータスクラウンで僅差の2着。その後のC1戦でV。今回は更に昇級戦になるがこの相手関係なら難なく突破できる。
○9、フジノトップガン 器用さ見せた当地初戦の内容良い。ここは上積みも考えられるし時計短縮も可能。どこまで迫れるかだが、流れ次第では際どく迫る場面も。
▲3、ミラクルペガサス 前走は出たなり待機で活気なし。今回もスタートからの行きっぷりに注目。積極策に出ると最後は伸びる。ただ、勝つには乱戦条件。

11レース<一騎打ち>[買い目 1 10 9]
◎1、レイズミーアップ 前走は自己条件で辛勝だが、道中外回りと余裕の追走で油断した面もあった。2~3走前がデュナメスと差のない競馬。ここは逆転狙う。
○10、デュナメス 前走は2500mをハイペースの追走で早めの抜け出しだったがそのまま凌いだ。相手が弱かったのも事実。今回も2番手ですんなり行けるが力勝負に。
▲9、タニノウィンザー 前走は距離延長と展開利があり2着浮上。今回も展開と位置取りが重要になるし、自力浮上となると厳しさも残るが、乱戦なら。

※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

 

ページ先頭へ↑
Dokanto!(ドカント)・モトロトなどLOTO(ロト)予想情報
Dokanto!(ドカント)・モトロトならオッズパークLOTO(ロト)