予想情報

競馬予想情報   佐賀競馬

11月23日 佐賀競馬:競馬専門紙の予想ブログ

今回も傑出馬不在のレースが多く簡単には絞れません。すなわち高配当の確立が高いと言うことです。5レースは主力馬が力接近戦で展開もカギになります。6レースも展開がひとつのポイントに。力的にはウィッシュボーンが一歩リード。7レースはシゲルヤマモモとシュタインガーデンの一騎打ちです。8レースは主力激戦メンバーです。展開的にはクラウンナイトの逃げが中心になります。9レースも激戦です。フルゲートですし距離的にもV争いは厳しくなります。10レースは九州大賞典。昨年の実績からここもデュナメスとメイホウホップで一騎打ちの様相。最終11レースは主力陣絞られます。ここはガイヤクインの見直しも必要に。


5レース<主力混戦>[買い目 7 2 10 8 4]
◎7、シゲルオリーブ 前走は同僚ハパイヤを交わせず2着惜敗。未だ未勝利で詰めの甘さは残るものの、安定ぶりはここでも遜色なし。流れひとつで即勝てる。
○2、マドンナスマイル 前走はすんなり逃げて本領発揮。今回も内枠だしテン取れるメンバー構成。極端に競られることもなさそうだし、ここもV圏まで。
▲10、シゲルカンリショク 前走は好位からきっちり差し切りV。デキは維持されているし、このメンバーでも決め手は引け取らない。外枠克服で浮上の狙い。
Δ8、オリオンザジョケツ 前走はすんなり逃げられた展開面の利があった。2~3番手待機でも問題ないタイプだし、このメンバーでも力的に警戒。
注4、リッカシェクル 前走はスタートから位置取り微妙で流れ掴めなかった。好位待機で脚温存できるタイプだから、ここは流れ掴むと巻き返しも可能。

6レース<主力争い>[買い目 10 6 8 5]
◎10、ウィッシュボーン 前走は勝ち馬の強さを認めるべき。この馬自身も逃げて粘り見せたし内容は評価したい。ここは相手緩和だし、外枠好都合。巻き返す。
○6、クラウンウィロー 前走は2番手から早めの抜け出しで押し切った。タイムが優秀だし、2走前の内容を見てもここで遜色ないのが分かる。ここもV攻防に。
▲8、ヒカリエンジェル 差しタイプだけに自分では捌けないが、今回は先行馬も揃い展開次第では際どい勝負に持ち込める。100m延長もこの馬にはプラス。
Δ5、スズカアイキュー 前走は勝ち馬に潰された格好になったとは言え、若干物足りない印象も残る。今回もテン取れる組み合わせだから、自己ペースで巻き返し。

7レース<一騎打ち〉[買い目 7 1 6] 
◎7、シュタインガーデン 前走はスタート今ひとつだったとは言え問題ない位置取り。道中溜め過ぎたのが敗因。このクラスで負ける器ではないはず。見直す。
○1、シゲルヤマモモ 前走も逃げ切り快勝。今回も1枠味方にテン取れるし、自己ペースの逃げが可能。うまくペース配分できると際どい勝負になる。
▲6、リネンハウス 前走は揉まれて失速。今回も位置取りがポイントになるが、上記2頭とは力の差も...。自力Vは厳しいだけに、ここは乱戦待ちになる。

8レース<主力伯仲>[買い目 6 8 7 3]
◎6、クラウンナイト 前走はすんなりテン取り本領発揮の逃げ切りV。今回もテン取れるメンバー構成だし、力関係から見ても再度逃げ切り狙える。
○8、トーホクカレン 前走はテン取れた分の粘り込み。今回も最悪でも2番手までは確保できるから、自己ペースで折り合うとこの相手関係ならV圏まで。
▲7、リバーマンサーナ スタート後の位置取りが悪くひと差し不発に終わっているが、4走前の位置取りならここでも好勝負可能な実力。スタート次第に。
Δ3、カシノブローチ 前走は中団待機からひと伸び。上向き示した印象だし、タイム的に軽視できない。すんなり好位追走すると自力Vも可能。

9レース主力激戦>[買い目 11 7 5 12]
◎11、ライムフレーバー 前走は勝負処の3コーナーで前が詰まりブレーキ。最後が0.2差だからその影響は大きかったと言える。スムーズに浮上でここもV攻防。
○7、マンハッタンクラブ 復帰後待望のVで完全に勢い掴んだ。今回は挑戦枠での意欲的な出走になる。相手は当然上がってくるが、時計的にも遜色ないしここも注目。
▲5、ロングストライド 鮫島騎手に戻り2連勝し勢いに乗る。距離延長はマイナスにはならないタイプだし、ここも当然逃げて本領発揮の場。ペース次第でV圏届く。
Δ12、エアガガ 近走は相手も上がり思ったように先行できずにいるが、その分は差し脚でカバーしている。安定したレース内容だし、ここも展開次第で一気に。

10レース<絞られる>[買い目 5 3 9]
◎5、デュナメス 復帰後3戦で復活V。当初の目的通りここ目標に仕上がった。昨年2着で悔しい思いをしているだけに、さらに成長した今回はリベンジ期す。
○3、メイホウホップ 昨年の覇者。近走はなかなか勝てないレースが続いているが、デキ落ちは見られない。距離延長はプラスになるから、ここは逆転一考。
▲9、タニノウィンザー 復帰後もひと差し安定している。昨年3着の実力だし、距離延びて上積みあり。デキも良いし、この相手関係なら流れ次第で一気に。

11レース<主力混戦>[買い目 5 3 4 2]
◎5、ミスギンレイ 前走は外枠から無理せず待機。ひと差し見せ4コーナー先頭の積極策。最後は交わされたが内容評価。今回はテンに活路開けるし鞍上強化でV狙う。
○3、ガイヤクイン 前走は騎手替わりで持ち味不発。今回は乗り慣れた吉田騎手になるし、メンバー的にも見直し必要に。好位待機で流れ掴むとV圏まで届く。
▲4、センチュリーボーイ 前走は出たなり待機で脚温存。勢い良く伸びて見事な差し切りだった。タイム的にもここで通用するし、同様のレースなら怖い。
Δ2、カシノペンダント 前走は好位待機で粘り見せ上向き示した。今回は距離短縮がプラスになるし、相手緩和も加味される。イン好位からのV攻防を警戒。

※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

 

ページ先頭へ↑
Dokanto!(ドカント)・モトロトなどLOTO(ロト)予想情報
Dokanto!(ドカント)・モトロトならオッズパークLOTO(ロト)