予想情報

競馬予想情報   佐賀競馬

11月17日 佐賀競馬:競馬専門紙の予想ブログ

今回は主力伯仲戦が多く絞りにくい日になっています。当然、配当的な魅力がありますから手広くねらっていきたいところです。4レースは逃げ可能なキョウエイセント中心も、リバーマジモードの決め脚と伯仲。5レースはヒノコとヒナコ。展開次第では差し馬の出番もありそうなところです。6レースは実力的にはグランプリヒトスジ。スタートに注目したいところです。7レースは混戦。ヒカリヴァルロがすんなり位置取りハマるとこれ。ワンダージョイアとウッディーも狙い目に。8レースも混戦です。リッカトレジャーがどこまですんなり行けるかで結果も違います。流れが厳しくなると後続にも出番。9レースはギルドマスター中心。戦歴から新規馬フジノトップガンも面白い存在に。最終10レースは主力激戦。最後まで油断できないレースになります。


4レース<絞られる>[買い目 6 9 8]
◎6、キョウエイセント ここ3走は先行力も安定している。最後は粘り切れずに失速しているが、今回はすんなりテン取れる組み合わせだけに初勝利の狙い十分。
○9、リバーマジモード 当地初戦は時計こそ平凡だが、一気に捌いた決め脚は評価。今回は相手も上がってきたが問題なし。外枠は好都合だし、ここもV圏まで。
▲8、アーカーシャ 前走は僅差の2着で勝てなかったのは不満が残るが、あのメンバーでしっかり走ったのは評価。ここは相手も上がるが自在性あるし軽視は禁物。

5レース<主力伯仲>[買い目 8 9 3 2]
◎8、ヒノコ 復帰戦は仕上がりが良かったとは言えきっちり2着確保で実力証明。スローペースで時計は遅いがそこは度外視できる。今回は上積みあるしV狙う。
○9、ヒナコ 当地初戦は好位追走から最後まで脚を伸ばして2着浮上。今回はこの馬も上積み見込めるから、好位追走から逆転狙える。
▲3、シルクプレイヤー 前走は流れが向かずに着外で終了。ここも流れに左右される嫌いはあるが、ハマると決め手勝負では引け取らない。乱戦条件も警戒は必要。
Δ2、プリティジェンヌ ムラのある走りで信頼性は。今ひとつだが、力的には遜色ない馬。今回も位置取りと流れがポイントだが、ハマるとV圏まで届く。

6レース<主力絞られる〉[買い目 6 7 1] 
◎6、グランプリヒトスジ 前走は遅れて力出せず終い。スタートが安定しない欠点はあるが、すんなり先行すると勝てる実力もある。ここはメンバー的にも見直す。
○7、エタニティリング なかなか勝てないレースが続くが、先行して安定してきたのは元気な証拠。今回は先行馬手薄で楽に追走できるし、逆転まで一考。
▲1、オメガオンザロック 前走は位置取りが悪くなったし勝負処で下がり厳しいレースになったが、最後は差し返す粘り強さ見せた。すんなり先行すると怖い。

7レース<主力争い>[買い目 8 3 4 1]
◎8、ヒカリヴァルロ 2走前よりブリンカー等を外してメンコのみの着用にし安定している。スタートに課題が残るから外枠は好都合。ここも実力的にV圏狙える。
○3、ワンダージョイア 前走は比較的楽にイン好位確保。その割には最後は甘さ見せたが、安定した走りは評価。ここは相手関係からも首位挑戦可能。
▲4、ウッディー 前走は3番手追走からの粘り込み。今回は先行馬手薄で逃げに活路開けるから、力関係から見てもここは逃げ切りまで視界に入る。
Δ1、ブラックレイン 前走はインで粘り込んだウッディーも交わせなかったのは不満だが、じっくり脚温存するとひと差し切れるタイプだから、まだ軽視はできない。

8レース混戦模様>[買い目 7 8 1 3]
◎7、リッカトレジャー 毎回強敵にV圏奪われていたが、前走は2番手から自力でV。今回は相手も揃っているし展開面も微妙だが、実力的にはまだヤレる。
○8、タクトオブアスク 遅いデビューだったがあっと言う間の4連勝で実力証明。今回は仕上がり面が微妙な印象は残るが、外枠好都合だし、器用さ発揮で捌いてくる。
▲1、ツカサハピネス 前走はイン周りだったが砂かぶりを避けたレースぶりで力発揮できた。今回も1枠だけにその点が重要。うまく砂を避けられると最後は切れる。
Δ3、ヴァリュービジョン 前走は逃げ切りVで当地デビュー戦を飾った。今回は相手強化だし同型も揃った。それでも逃げ~2番手確保なら不気味な存在。

9レース<主力絞られる>[買い目 6 1 3]
◎6、ギルドマスター 前走はすんなり好位策で折り合い、最後は突き放す強い競馬だった。今回は新規馬フジノトップガンとの力関係だけ。当然、勢いでは優勢。
○1、フジノトップガン 戦歴からここで即通用の実力。仕上がりも順調だし、脚質的に1枠も大きな味方になる。すんなり逃げるとそのままV圏まで届く可能性も十分。
▲3、ワタリパーク 実績上位馬だが、近走はパンチ力不足。上記2頭が勢いもあるし、ここで勝つには展開の助けが必要になる。印象としては厳しいところ。

10レース<主力伯仲>[買い目 6 11 8]
◎6、ミヤノダイアナ 前走は相手強化に加え初距離の厳しさあった。展開が向いたのは確かだが、しっかり伸びたのは成長の証し。適鞍の今回はVチャンス。
○11、ハクユウマイスター 復帰後2戦消化し上向き傾向にある。前走は同僚ミヤノダイアナとは0.7差。上積みを考慮するとここは不気味な存在になる。
▲8、フレンドクィーン 前走は展開が味方したとは言えしっかりした伸び脚は評価。当然ここは相手緩和と言えるし、位置取りと流れ次第で待望のV見える。

※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

 

ページ先頭へ↑
Dokanto!(ドカント)・モトロトなどLOTO(ロト)予想情報
Dokanto!(ドカント)・モトロトならオッズパークLOTO(ロト)