予想情報

競馬予想情報   福山競馬

12月2日 福山競馬:競馬専門紙の予想ブログ

後半5鞍は実力伯仲戦がほとんどで波乱ムードが充満。狙い撃ちするなら7レースのユノピカソ、福山王冠はキモンエンジェルだ

6レース《惑星多彩》「買い目 5 2 1 6」
◎5、ミッドコサージュ  前走は逃げられず完敗も、ハナならスピード全開のタイプ。逃げることがほぼ確実だし、速さで汚名返上の好機
○2、マスターウィッシュ 前走が2番手からパワフルな脚で地力を証明。先行してバテない脚があり、この中間も活力いっぱい。2連勝か
▲1、ラガーフォーラム  まだ脚部の状態がしっくりこないが、いざ実戦では力を出せるタイプ。瞬発力があり、マイルの対応力も十分だ
△6、メイショウアサギリ 昨今不満も、徐々に疲れが取れて上げ潮ムード。歓迎のマイルだし、ペースが忙しくなれば急浮上の怖さはある
  
7レース《ひと波乱》「買い目 2 6 10」
◎2、ユノピカソ     もともと冬場に強く、このメンバーで距離が1250ならスプリントで一気に決着ムード。三村騎手の手綱にも注目
○6、ミサゴドライヴ   体つきがふっくらして一時の低迷期から脱出。出脚を生かせる1250の競馬なら前に構えてしぶとい脚で上位争い
▲10、ギータ       放牧明け緒戦のハンデも、仕上がり速さが買い材料。追って切れる脚があり、いきなり大駆けの怖さを秘める

8レース《上位互角》「買い目 9 4 2 6」
◎9、ウーシエンダー   冬場になって体力がアップし、ムードは最高。1250は距離不足だが、とにかく終い切れる脚が魅力。逆転打十分
○4、サバイヴアゲン   福山での全成績が9戦7勝、二着2回と連対パーフェクト。好位づけのパワーに凄みがあり、勢いでV5目前だ
▲2、テラモガルダン   前走はゲートミスが響いたが、スタートさえスムーズなら速さは一番。短距離の血で1250のスプリント戦も有利
△6、サトノコンテッサ  昨今がじり貧続きだが、一瞬の脚に凄み。仕掛けのタイミングさえスムーズなら突っ込みの可能性。穴ムードだ
  
9レース《波乱含み》「買い目 4 10 2 5」
◎4、ロッキーダイヤ   夏負けが解消し、すっかり本格始動。過去、1250の競馬では4戦オール連対と距離に自信。好位からパワー決着
○10、グラスブラスト   オープン制覇の実績があり、脚部不安が治まって復調色が濃い。1250は短いが、パンとすれば力は一枚上だろう
▲2、グランプリワイルド 前走は太目歴然で不発に終わったが、連斗で馬体が絞れていれば鋭い脚で突っ込みの可能性。格好の狙い目だ
△5、ランドムテキ    前走のA1下でも好位から二枚腰を繰り出したほど。相手なりに動けるし、先行してバテない強みで穴ムード

10レース《乱戦模様》「買い目 10 6 9 2」
◎10、キモンエンジェル  鞆の浦賞の覇者であり、あの一戦を境にスピードレベルが大幅にアップ。鞍上が名手岡田だし、前残りを狙えそう
○6、クーヨシン     放牧明けを使いつつ、徐々に本格化ムード。ゲートをスムーズに出て好位の競馬なら戴冠の可能性は大。狙い目だ
▲9、マイネルプレジャー 鞆の浦賞の3着馬であり、紅葉賞も敗れて強しの先行パワーだった。トモの状態も回復して好位マークからV射程
△2、モリデンヴィーナス 福山チャンピオンシップ(6月)で横綱相撲を演じたあの一戦は記憶に鮮明。体調が上向き、1800㍍で怖い存在

※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

 

ページ先頭へ↑
Dokanto!(ドカント)・モトロトなどLOTO(ロト)予想情報
Dokanto!(ドカント)・モトロトならオッズパークLOTO(ロト)