予想情報

競馬予想情報   福山競馬

11月18日 福山競馬:競馬専門紙の予想ブログ

1着固定で大きく推せるのは7レースのルシーダカフェ、最終の高知スイングベルも大きく狙っていける。他の4鞍は実力伯仲で波乱ムード

6レース《波乱含み》「買い目 4 3 6」
◎4、ビバドルドナ 転入初戦が追って確かな脚で地力を示した。ブランク明けをひと叩きした効果が見込めるし、メンバー的に連勝好機だ
○3、ムーンシャワー 前走は昇級戦でパワー負けしたが、厳しいペースに耐えての3着は成長の証し。メンバーが軽減し、速い脚で反撃態勢
▲6、モリヤチャン 疲れが回復し、ひと頃の活力を取り戻した。馬体にもハリが出て中団待機からバテない脚を披露か。穴ムードが充満
  
7レース《中心不動》「買い目 6 5 7」
◎6、ルシーダカフェ 目下3連勝で、その勝ち方も別次元の内容。スピードで他を圧しており、ここも順当勝ち。死角はらしい死角は皆無だ
○5、タケデンサプライズ 転入当初は体つきがボッテリとしていたが、徐々に絞れてエンジン全開。追って味があり、勝負強い末脚で次位最有力
▲7、ガッテンラヴ ここ2戦が不本意だが、3走前には果敢に先行して実にしぶといレース内容。福山向きのスピード派で前残りを要注意

8レース《好配必至》「買い目 8 6 7 3」
◎8、アグリノキセキ ダービー馬であり、鞆の浦賞でも出負けから2着確保。紅葉賞が予期せぬ完敗も、絶対能力で一歩リード。汚名を返上だ
○6、スカイサーファー 追い込みタイプでこありながら、マイルよりも1250の方が確実に鋭い脚を使うタイプ。体調も文句なしで距離的にV線上
▲7、ケリーズラブ トモの傷腫れでレースがひと息開いたが、リフレッシュして再始動。自在に動けるし、パンとしてくれば勝負強さを支持
△3、ヤングエイト ツメの不具合で一頓挫も、リフレッシュして状態が回復。逃げられそうだし、距離も1250というメリット。前残り狙える
  
9レース《上位激戦》「買い目 7 6 1 8」
◎7、マイネルプレジャー 紅葉賞が結果2着でも、強く負けた内容。前々走の1250でも20秒台をマークするなど、短距離の対応力も十二分。主役だ
○6、キャニオンサクセス 夏に進化を続けた3歳が秋に大きなハナを咲かせ、紅葉賞で鮮やかな好位抜け出し。砂を嫌うが、パワー強化が買い材料
▲1、テラモガルダン 南関東の4勝馬だけあってテンのスピードは恐るべきもの。太目を叩いたし、今回は距離が1250に短縮。速さでV線上だ
△8、モンゴールド タイプ的には平均ペースのマイルがベストだが、1250もこなすスピード派。包まれず好位の競馬ならバテない脚で好勝負

10レース《実力屈指》「買い目 5 9 6 10」
◎5、スイングベル 高知の準オープンを制した実力派ランナーだし、福山のB2ならパワーは別次元。死角は1250だが、絶対能力で美酒最短
○6、ミッドコサージュ 紅葉賞はスタートから徹底マークされて失速も、3歳屈指の快速牝馬。逃げ必至だし、馬場を味方にスピードで前残りか
▲9、アポロライダー 差し競馬を余儀なくされた紅葉賞が終い強烈な脚で4着善戦。適鞍に戻ったし、逃げにこだわらない点も魅力。V線上だ
△10、モリデンヴィーナス 福山チャンピオンシップの覇者であり、その潜在能力は計り知れない。1250は短いが、追ってパワフルな脚で逆転名乗り
 

※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

 

ページ先頭へ↑
Dokanto!(ドカント)・モトロトなどLOTO(ロト)予想情報
Dokanto!(ドカント)・モトロトならオッズパークLOTO(ロト)