高松競輪 Dokanto!・通常賭式発売中!  前橋、小田原、名古屋、別府競輪 通常賭式発売中!

小倉競輪場 F2 ミッドナイト競輪

3R出走表 

投票会員の皆様には、「情報提供元」提供の予想情報を提供しております。
閲覧方法は、投票会員のIDでログイン→「レース情報」から開催を選択してください。
2017年5月20日(土) 2日目 第3レース (A級選抜)  ミッドナイト
1625m 発走時間 21:51 締切予定 21:46


選手名
年齢/期別
府県 級班 ギア倍数
脚質
直近4ヶ月の成績
競走得点
着順1-2-3-外
決まり手:逃-捲-差-マ
今場所成績
着順 タイム
前場所成績
着順 タイム
前々場所成績
着順 タイム
1 1 山田 裕哉
31歳/98期
岐阜 A級2班 3.92
競走得点:87.185
着 順 :8- 4- 2- 13
決まり手:2- 5- 4- 1
5/19 予 選 4着 12.4
5/20 選 抜 2着 12.2
小松島F2    
5/10 特予選 8着 12
5/11 特一般 1着 11.8
5/12 特 選 7着 12.6
久留米F1    
4/18 予 選 7着 12
4/19 一 般 2着 12.2
4/20 特 選 1着 12
2 2 海野  晃
50歳/58期
静岡 A級2班 3.92
競走得点:81.142
着 順 :0- 1- 4- 18
決まり手:0- 0- 1- 0
5/19 予 選 4着 11.7
5/20 選 抜 6着 12.4
千 葉F1    
5/10 予 選 5着 15
5/11 選 抜 6着 15.1
5/12 一 般 3着 15.3
函 館F2    
4/18 特予選 8着
4/19 特一般 5着 12.5
4/20 特一般 4着 12.5
3 3 内山  拓
34歳/88期
福岡 A級1班 3.93
競走得点:86.38
着 順 :3- 3- 3- 12
決まり手:1- 3- 2- 0
5/19 予 選 3着 11.5
5/20 選 抜 3着 12.4
名古屋F2    
5/ 6 特予選 4着 11.3
5/ 7 準決勝 2着 12.1
5/ 8 決 勝 7着 11.4
岐 阜F2    
4/26 特予選 1着 12
4/27 準決勝 6着 11.5
4/28 特 選 7着 12
4 4 鈴木 栄司
56歳/50期
千葉 A級2班 3.92
競走得点:78.419
着 順 :0- 1- 3- 27
決まり手:0- 0- 1- 0
5/19 予 選 5着 11.4
5/20 選 抜 5着 12
静 岡F2    
5/11 特予選 9着
5/12 特一般 8着 12.6
5/13 特一般 7着 12.6
松 戸F2    
5/ 3 特予選 3着 10
5/ 4 準決勝 5着 10.4
5/ 5 特 選 7着 10.6
5 5 水本 博行
41歳/78期
岡山 A級2班 3.92
競走得点:81.96
着 順 :1- 2- 3- 19
決まり手:0- 0- 2- 1
5/19 予 選 3着 12
5/20 選 抜 1着 12.1
富 山F2    
5/11 特予選 6着 10.2
5/12 特一般 5着 10.4
5/13 特一般 3着 10.4
玉 野F1    
5/ 5 一 般 2着 12.3
6 6 今村 康志
47歳/66期
福岡 A級2班 3.93
競走得点:78.034
着 順 :0- 0- 2- 27
決まり手:0- 0- 0- 0
5/19 予 選 3着 12
5/20 選 抜 7着 12.4
松 阪F1    
5/13 予 選 7着 12.7
5/14 一 般 9着 13.4
5/15 一 般 5着 12.8
名古屋F2    
5/ 6 特予選 8着 11.7
5/ 7 特一般 5着 12.1
5/ 8 特一般 9着 12.4
7 山崎  司
33歳/95期
福島 A級1班 3.85
競走得点:88.555
着 順 :1- 8- 2- 16
決まり手:0- 0- 6- 3
5/19 予 選 5着 11.9
5/20 選 抜 4着 12.1
 平 F2    
5/12 初特選 3着 12
5/13 準決勝 2着 11.8
5/14 決 勝 6着 12.2
函 館F2    
4/18 特予選 2着 12.7
4/19 準決勝 6着 12.1
4/20 特 選 6着 12.4
誘導 徳永 哲人 A級1班

15 4 72 36   
先捲マ差 マ差 捲差マ差 先捲マ差   
 初日の③(内山)は在本直樹の3番手に切り替え、直線鋭く伸びたが写真判定の結果は無情にもほんの数ミリの微差負けで準決に乗れず、悔しい想いをした事で気合入ったのでは、このメンバーは先輩⑥(今村)を信じて逃げ主体の積極自力で地元の意地を示す。最近は予選で大きな着を取り続けていたので不安しかなかった①(山田)、考え過ぎるのか又人気を裏切るとは、それでも負け戦には強いので、⑤(水本)に任された事で逃げ主体の自力を宣言。初日の分迄と思ってる⑦(山崎司)は捲りを応用の捌きで単進出。