おすすめ注目レース

2018年1月15日   プロキオン特別 (帯広競馬)  

帯広競馬   第10レース   自己条件に戻ればカンシャノココロの巻き返し可能
生駒 有輝夫

banei12.jpg 自己条件に戻れば力量上位で通るカンシャノココロ。障害の修正も可能でここは巻き返しが期待できる。障害巧者フウジンライデンが相手となるが、カネゾウスーパータイトルにもチャンスがある。スムーズに流れに乗れればホンベツイチバンも圏内へ。

 カンシャノココロは前走6着も、890キロでオープン一線級が相手の重賞だったことを考えれば仕方がない。今回は自己条件に戻ってのレースとなるし、この中に入れば力は上位。中間の動きも良く、高重量戦後の疲れもない。巻き返しが期待できる。

 フウジンライデンは760キロの前走でも障害はひと腰でまとめていたし、決め脚の差が出て結果は5着も上々のレースぶり。今回は自己条件の特別戦。前々走を快勝しているように、ここなら互角にやれる。持ち前の登坂力を生かして押し切りも十分。

 カネゾウは前走5着に敗れたとはいえ、勝ち馬からは僅差。障害ひと腰と内容は悪くなかった。今回も同型が揃っているだけに、捌き切れるかがカギ。前で流れに乗れれば上位争いに加われる。

 スーパータイトルは勝ち切れないが、課題の障害はひと腰でまとめているし、安定した内容。今のカカリなら大きく崩れることはない。デキも良く、警戒が必要。

 ホンベツイチバンは前走のように追走で手間取らなければこの中に入っても勝ち負けできる力を持っている。スムーズに流れに乗れれば再度好走が可能。

おすすめ買い目

馬単 6→9 6→4 6→5 6→3 9→6 4→6

 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

 

地方競馬ならオッズパーク競馬