おすすめ注目レース

2017年3月21日   川西源氏特別A2 (園田競馬)  

園田競馬   第11レース   転入2走目スマートエビデンスの押し切り期待!
全国公営競馬専門紙協会 競馬キンキ 伊藤 孝平

sonoda06.jpg

少頭数ながら近走好成績な面子が揃った面白くなりそうな短距離戦。注目は前走敗戦も能力高いハタノキセキに集まりそうだが、短距離戦のスピード勝負ならスマートエビデンスを上位に見立てる。当日は道悪にもなりそうだし押し切りを期待。とはいえハタノキセキも当然ながら勝ち負けで相手筆頭と言えよう。この2頭に逆転の目までありそうなのはやはりメイショウサンゾウだろう。これまでの走りからも道悪は大の得意で、時計勝負の馬場になれば勝ち負けの可能性は高まる。休養明けも地力上位ナナヨンハーバー、最近イマイチも短距離得意なアポロパレス、差し脚鋭いアルカナあたりも流れ次第で食い込み可能。

スマートエビデンス...転入初戦の前走はこれまでの戦績から少し距離が長そうな印象だったし、もうひと追い欲しい中での出走だったが先行力を発揮して惜しい2着。高い能力を感じる走りだったし、中間の攻め気配から上積みも十分にありそうだ。短距離戦への距離短縮や道悪も当然ながらプラス材料で、最内枠からスタートを決めさえすれば押し切り濃厚だろう。

ハタノキセキ...前走は内枠も災いして前半折り合いを欠いたし、勝負どころで押し上げるもマクり切らずに溜めてしまった事も敗因でギアチェンジの上手くないタイプ。その点、今回の短距離戦なら前半から流れに乗れるし2走前にそれは証明済み。道悪での時計勝負に未知な面は残すが、この相手なら当然の勝ち負けを期待したい。

メイショウサンゾウ...前走は少し間隔が開いた影響か本来のダッシュ力を出せなかったが、一度叩かれた事で攻め馬では本来の活気が戻ってきた印象あり。得意の短距離戦に戻るのも好材料だし、なにより雨予報はどの馬よりも歓迎だろう。スマートエビデンスが速ければ2番手から、遅ければハナを奪っての押し切りまで。

ナナヨンハーバー...前走は5頭立ての4着だったがそれほど大きく負けた訳ではないし、A1でも好走歴がある事から降級のここなら地力上位は明白だ。ポイントは2ヶ月ぶりの休養明けと間隔が開いた事だろうが、中間の気配や最終追い切りの動き反応から力は出せそうだ。発馬を決めて好位に取り付ければ期待高まる。

×アポロパレス...A2に昇級してからの近3走はイマイチ結果が出ていないものの、元々A2での勝ち星があるのでクラスは問題ないはず。攻め気配や気合乗りも悪くないし持ち時計も十分に通用して良い。内枠を上手く立ち回ってロスなく進めれば馬券圏内まで可能。

×アルカナ...昨年末は一時期自慢の末脚が不発だったが、ここにきて本来の伸びを取り戻してきた印象あり。その証拠に中間の追い切りの動きは軽快そのもので、今のデキなら末脚不発はなさそうだ。自身は問題ないが道悪が進むと前が止まらないので、できるだけ雨は降らない方が良いだろう。

おすすめ買い目

馬単 1→6 1→3 1→7 1→2 1→4 6→1 3→1

 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

 

地方競馬ならオッズパーク競馬