レース展望・予想

強敵不在で前進スティールキング「十勝軽種馬農業協同組合特別」(門別競馬)

2017/07/18

7月18日(火)の門別競馬メイン第10レースは、「十勝軽種馬農業協同組合特別」(A1~A3-1、門別競馬場1800メートル)。

A1~A3-1組特別なら昨年の3歳二冠馬◎7 スティールキング(牡4、角川秀樹厩舎)が前進する。今季は開幕開催の「第7回コスモバルク記念(H3)」を皮切りに、「第54回赤レンガ記念(H3)」、「第14回星雲賞(H3)」と3戦続けて古馬王道重賞に出走したものの、さらに強さを増しているオヤコダカに駆逐される結果(2着→4着→4着)が続いてしまった。相手はJRA札幌・エルムステークスGIII挑戦を予定している強豪で、昨秋よりさらに力量差が開いてしまった印象だけに、致し方ない結果だったろう。ここはそのオヤコダカが不在の組合せ。さすがにここでは無様な競馬を見せることはないはずだ。おそらく1番人気に推されるはず、ファンの望みに応える走りを期待する。

着実に復調し、前走星雲賞ではスティールキングに先着(3着)の○1 クラバズーカー(牡5、松本隆宏厩舎)が相手本線。

先行策から粘り込み図る△6 ダイワエクシード(牡5、岡島玉一厩舎)に△8 キングカラカウア(牡5、田中淳司厩舎)、差し脚上位の△2 ワイルドロジャー(牡8、村上正和厩舎)、△3 カーティスバローズ(牡7、林和弘厩舎)、△4 クリノロッキー(牡7、山田和久厩舎)を3連勝式のヒモ穴で押さえる。

<おすすめの買い目> この買い目で投票
馬単 7→1 1→7(2点)
3連単(フォーメーション) 7・1→7・1→6・8・2・3・4(10点)

十勝軽種馬農業協同組合特別の出走表はこちら

(文/ひだか)


※投票の際は、締切間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

レース展望・予想一覧
 

ページ先頭へ↑

地方競馬予想情報

地方競馬ならオッズパーク競馬