レース展望・予想

差し勝負に持ち込めばライスエッグ「福寿草特別」(笠松競馬)

2017/01/11

 1月11日(水)の笠松競馬メイン第11レースは「福寿草特別」(A級3組・B級3組、笠松競馬場1600メートル)。

 波乱決着が少なくないA・B級混合特別。今回も多くの馬にチャンスがある混戦だが、前走大敗は度外視できる◎9 ライスエッグ(セン8、井上孝彦厩舎)の素早い反撃に期待したい。前走は初の準オープン参戦もあったが、1頭だけ明らかに大きく出遅れるスタートのロスがモロに響いて、力を出しきることなく7着に終わった。しかし強敵準オープンからA・B級混合特別に変わり、コレと言った強敵は不在。近況のB級特別でコンスタントに好勝負している確かな末脚は大きな武器になる。差し勝負に持ち込んでアタマまで一気に突き抜けたい。

 同厩舎の井上孝彦厩舎勢の○2 ネイバルエンスン(セン5)も戦いやすいメンバーに変わっている。最近2走ともにA級2組に出走し、失速し、着外に終わった。強さとモロさがありムラ駆けタイプの印象もあるが、3走前の同条件のA・B級混合戦ではしぶとく逃げ切ってみせた。ネイバルエンスンも変わり身が期待できる1頭だ。

 1ハロンの距離短縮が上積み材料になるのは▲5 コパノサンテラ(牡5、後藤正義厩舎)。前走は強敵ぞろいのB級1組参戦で見せ場なく終わったが、キレが増すマイル戦は【3・0・1・4】と好相性を誇る距離だ。

 距離、相手を問わず、崩れが少ない△1 ロイヤルパレード(牝5、今津勝之厩舎)も展開次第でチャンスがある。

 穴は△10 ナムラピピ(牝5、今津勝之厩舎)の一撃。後方からまくり気味に一気に押し上げて見せ場を作った前走に、次への期待を抱かせていた。波乱を演出していい。

<おすすめの買い目> この買い目で投票
馬単(マルチ) 9⇔1・2・5・10(8点)
3連単(フォーメーション) 9→1・2・5・10→1・2・5・10 1・2・5・10→9→1・2・5・10(24点)

福寿草特別の出走表はこちら

(文/中部地方競馬記者クラブ)


※投票の際は、締切間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

レース展望・予想一覧
 

ページ先頭へ↑

地方競馬予想情報

地方競馬ならオッズパーク競馬