レース展望・予想

オークス馬ホクトノホシに期待「ばんえいプリンセス賞」(ばんえい帯広競馬)

2017/01/10

1月10日(火)のばんえい帯広競馬メイン第10レースには、「ばんえいプリンセス賞」(4歳牝馬オープン)が行われます。
別定重量戦でも、ばんえいオークス1着ホクトノホシ、2着ヒカルナナヒメの2頭が670キロ、あとの8頭が660キロで、その差は小さく、各馬自己条件よりも30キロ程度の増量となりますが、今の馬場状態を考慮すると十分対応できる重量と言えます。

◎2 ホクトノホシ(村上慎一厩舎)を本命に推します。ばんえいオークスで念願の重賞初制覇を達成しましたが、大きなレースを勝った後は、お約束の昇級で相手も強化。4歳牝馬では勝ち負けできるレースが少なく厳しい対戦が続きますが、今回は牝馬限定戦でハンデ差10キロは恵まれた感さえあります。ここは勝ちたい一戦です。

○5 ヒカルナナヒメ(谷あゆみ厩舎)が対抗です。ばんえいオークス2着馬で、今季は28戦して5勝を挙げています。毎回健闘のレースぶりは好感が持てますが、直線で、切れる末脚が長く使えずにゴール前で失速することが多くあります。ばんえいオークスでも、ゴール直前までは先頭でしたが失速して惜敗しました。今回は同世代限定レースで、持ち前の障害力を生かしての逃げ切りが期待できます。

▲6 グレースゴールド(長部幸光厩舎)が3番手。今季は20戦2勝と精彩を欠いていますが、障害次第では末脚に破壊力はあります。

△8 コウシュハローヤル(松井浩文厩舎)も、今季は成長した1頭。素軽い動きを披露しています。

<おすすめの買い目> この買い目で投票
馬単 2→5・6・8・9・10(5点)
3連単(フォーメーション) 2→5→6・8・9・10(4点)

ばんえいプリンセス賞の出走表はこちら

(文/小寺雄司)


※投票の際は、締切間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

レース展望・予想一覧
 

ページ先頭へ↑

地方競馬予想情報

地方競馬ならオッズパーク競馬