レース展望・予想

自己条件でガンズオブナバロンを見直す「白山スーパー林道ウォーク特別」(金沢競馬)

2013/05/19

5月19日(日)に行われる金沢競馬のメインレースは、第9レースの「白山スーパー林道ウォーク特別」(A2組、金沢競馬場1700メートル)です。

北國王冠では力及ばなかった◎6 ガンズオブナバロン(牡7、中川雅之厩舎)が巻き返しを狙います。3連勝してナムラダイキチら一線級に挑んだ前走でしたが、結果は中団のまま6着と力の違いをまざまざと見せ付けられました。長丁場を使った後で疲れは心配ですが、追い切りでは引き続き力強い動きを披露していて調子落ちは感じさせません。自己条件に戻っての1700メートル戦なら、名誉回復が見込めそうです。

○2 イチエイオウジ(牡6、佐藤茂厩舎)は、2000メートルで行われた前回のこのクラスで、直線半ばで先頭に立ちながら、ゴール寸前で強襲してきたヤマチョウサンにアタマ差交わされる悔しい内容でした。連勝こそ逃してしまいましたが、距離が延びても連対を外さなかった走りは評価できます。カンズオブナバロンには4走前に逃げて捕まっていますが、末脚を生かせる展開になるなら、もう少し差は縮まるはずです。

▲10 ヒカルルーキー(牡7、佐藤茂厩舎)も前回のこのクラスで直線伸びを欠き4着でしたが、3コーナー過ぎで先頭に立ち見せ場はありました。コーナーを一気に駆け上がるまくり脚がさく裂すれば、先団まで捕らえ切ってしまうシーンもありそうです。

前回激走した△4 ヤマチョウサン(牡7、黒木豊厩舎)も展開次第で再び出番がありそうです。

<おすすめの買い目>
馬単 6→2・10・4(3点)
3連単(フォーメーション) 6→2・10・4→2・10・4(6点)

白山スーパー林道ウォーク特別の出走表はこちら

(文/中日スポーツ・瀬川剛司)


※投票の際は、締切間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

レース展望・予想一覧
 

ページ先頭へ↑

地方競馬予想情報

地方競馬ならオッズパーク競馬