レース展望・予想

確かな先行力あるボクノテンシ「花吹雪特別」(笠松競馬)

2013/04/26

4月26日(金)の笠松競馬メイン第12レースは「花吹雪特別」(C級1組(イ)、笠松競馬場1600メートル)です。

ボクノテンシ(牝4、藤田正治厩舎)は2走前の1組特別で3着と粘りを発揮しました。確かな先行力は特別戦でも見劣ることはありません。前走はメンバーに恵まれましたが、他馬を寄せ付けずに逃げ切り勝ちを演じています。今回は再度、勝ち組でメンバーが2走前のようになりましたが、リズムの良さから、今度は勝ち負けの戦いが期待できそうです。

エーデルシュタイン(牝4、柳江仁厩舎)も2走前の1組特別で3着に好走しています。前走勝ちもボクノテンシと同じ過程をたどっています。こちらは鋭い末脚を武器にするタイプです。展開に左右されることなく、着実に末脚を繰り出してきます。今回のメンバーなら展開面でも有利に運べそうなムードが漂います。勝負を互角に持ち込むでしょう。

タタカイノホノオ(牡5、法理勝弘厩舎)も力量的には差はありません。前走も力強い走りで圧勝しています。状態面は文句ない仕上がりです。スムーズに追走できれば首位争いに加わってくるでしょう。

スカイホーク(牡5、柳江仁厩舎)も5走連続、連に絡んで好調をキープしています。スピードなら、このメンバーに入っても上位の存在でしょう。マイペースの逃げに持ち込めば押し切る可能性があります。

ニードサムバディ(牡4、法理勝弘厩舎)は前走の1600メートル戦で会心の差し切り勝ちを収めました。距離に対する不安がないのが分かって、今回は積極的な走りが期待できるかもしれません。

このほか前走の勝ちっぷりが良かったプラチナスレッド(牡4、加藤幸保厩舎)も展開が向けば、直線浮上してきそうな仕上がりにあります。

(文/中日スポーツ・外山謙一)


※投票の際は、締切間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

レース展望・予想一覧
 

ページ先頭へ↑

地方競馬予想情報

地方競馬ならオッズパーク競馬