ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト

  1. 競馬TOP
  2. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  3. 重賞レース一覧
  4. 黒潮ジュニアチャンピオンシップ

黒潮ジュニアチャンピオンシップ

重賞

第2回 黒潮ジュニアチャンピオンシップ

  • 2017年11月18日(土)
  • 高知:第5競走
  • 1,400m
  • 発走時間 17:10
開催場
高知競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

黒潮ジュニアチャンピオンシップ 直前予想

ネオプリンセスはスピード的に抜けており、今回も逃げ切りが濃厚。ヴァリヤンツリは5戦5連対で成績的に上位だが、逆転までは厳しいかもしれない。とはいえ、この2頭の力量は断然で、あとは3着争いというところ。先行力があるネイティブゴールド、スピーディダブルがその候補。シェナフィリア、レマンコは時計的に微妙だが、3連勝式の押さえとして押さえておく手はあるだろう。

黒潮ジュニアチャンピオンシップ 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11高知ネオプリンセス牝254.0 打越勇 宮川実 
22高知ヴァリヤンツリ牝254.0 中西達 西川敏 
33高知レマンコ牡256.0 細川忠 別府衣 
44高知スピーディダブル牡256.0 別府真 倉兼育 
55高知マウントオーシャン牝254.0 那俄哲 西森将 
66高知ネイティブゴールド牡256.0 細川忠 佐原秀 
77高知シェナフィリア牝254.0 田中守 赤岡修 
88高知サードレディ牝254.0 目迫大 岡村卓 
9高知レジーナローザ牝254.0 那俄哲 山崎雅 

黒潮ジュニアチャンピオンシップ 出走馬 短評

ネオプリンセス 7月のデビュー戦を逃げ切って、その後も月に1回のローテーションで4連勝。すべて逃げ切りで決めているそのスピードには今回も注目できる。

ヴァリヤンツリ デビュー戦と2戦目は2着だったが、距離が延びた3戦目からは差し脚をいかす競馬で3連勝。今回もその持ち味をいかして差を詰めてきそうだ。

レマンコ ここまで9戦未勝利で2着1回。スタートに課題が残る状況ながら堅実に差を詰める競馬を見せているが、力量的には劣勢と言わざるをえない。

スピーディダブル デビュー戦から善戦を続けてきたが、前走は早々に失速して最下位に敗退。今回は好位からの競馬になりそうだが、どこまで粘れるかというところだろう。

マウントオーシャン 通算9戦で2着と3着が各1回という成績は厳しい限りで、前走では古馬C3クラスで走って最後方のまま大敗。その状況では今回も苦戦必至だ。

ネイティブゴールド 8月のデビュー戦を制し、その後は4戦連続で善戦。最近2戦は先行して2着に入っているが、それ以上を狙うのは厳しいかもしれない。

シェナフィリア デビュー戦が差のある3着で、2戦目が後方のままの最下位だったが、3戦目以降はまずまずの成績。しかし前走での初勝利は、時計的に平凡だった。

サードレディ デビュー戦は流れに乗れず4着だったが、2戦目は逃げ切り勝ち。しかし距離が延びての最近2戦が差のある敗戦続きでは、今回も苦戦必至となりそうだ。

レジーナローザ 通算6戦1勝だが、敗れた5戦はすべて勝ち馬から2秒以上の差がつく大敗。時計的にも限界がありそうで、強調しにくい感がある。

黒潮ジュニアチャンピオンシップ 地方競馬専門紙 予想

ネオプリンセスで大丈夫!

ネオプリンセスが抜けている。まず負けまい。3連勝中のヴァリヤンツリが相手筆頭。ネイティブゴールド、スピーディダブル、レマンコあたりが続く存在に。ネオプリンセスは…詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 1→2 1→6 1→4 1→3
 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

黒潮ジュニアチャンピオンシップ 過去のデータ

黒潮ジュニアチャンピオンシップを予想しよう!