ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト

  1. 競馬TOP
  2. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  3. 重賞レース一覧
  4. 金沢シンデレラカップ

金沢シンデレラカップ

重賞

第2回 金沢シンデレラカップ

  • 2017年10月17日(火)
  • 金沢:第11競走
  • 1,500m
  • 発走時間 16:10
  • キャンペーン
開催場
金沢競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

金沢シンデレラカップ 直前予想

雨の日が続く状況では先行有利の馬場になるのが必至で、そうなると前走快勝のサラヒメを中心視するのが妥当。ビジネスライクは前走ひと息でもメンバー的に好位差しが狙えるとみて相手筆頭に指名する。エグジビッツは前走が好内容で、南関東で活躍中のモダンウーマンの全妹という点を含めて注意が必要。シオジスターは展開的に微妙だが、マイペースの逃げが打てれば残り目が考えられそうだ。堅実に差を詰めてくるエンジェルアイドルが連下の穴。ロンプフェイスは早めの仕掛けなら上位まで。

金沢シンデレラカップ 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11北海道サラヒメ牝254.0角川秀吉村智
22金沢アイムホーム牝254.0菅原欣葛山晃
33金沢ロンプフェイス牝254.0金田一藤田弘
44兵庫エンジェルアイドル牝254.0坂本和大山真
55金沢シオジスター牝254.0金田一米倉知
66北海道ビジネスライク牝254.0田中淳吉原寛
77北海道ヒロ牝254.0小国博吉田晃
8大井アクアレジーナ牝254.0福永敏赤岡修
89北海道エグジビッツ牝254.0田中淳中島龍
10金沢ブラックセドナ牝254.0金田一田知弘

金沢シンデレラカップ 出走馬 短評

サラヒメ 北海道からの遠征馬だが、前走は園田プリンセスカップを快勝。再度の輸送となる点は気になるが、先行力上位で再度の最内枠なら押し切りが十分可能だろう。

アイムホーム デビュー戦はスピードの違いで楽勝したが、2戦目の金沢プリンセスカップは先手を取れず早々に失速。素質的には侮れないが、今回の相手は強力だ。

ロンプフェイス スタートには難があるが、金沢プリンセスカップでは差し脚を長く使って4着に入線。逃げ先行馬が崩れる展開になれば、上位食い込みが狙えるかもしれない。

エンジェルアイドル 兵庫からの遠征馬。相手なりに走れるタイプだが、JRA認定戦と園田プリンセスカップは善戦止まり。今回もどこまで差を詰められるかというところだろう。

シオジスター 通算3勝はすべて逃げ切りで、先手を取れないと厳しい現状。ダッシュ力は上位といえそうだが、今回も勝利か大敗のどちらかだと考えるべきかもしれない。

ビジネスライク 北海道からの遠征馬。フローラルカップは出遅れるも5着まで差を詰めており、地力的には上位といえそう。あとは展開が向くかどうかだろう。

ヒロ 北海道からの遠征馬。デビュー2戦目と3戦目に勝利を挙げたが、時計的には平凡。前走のフローラルカップで差のある敗戦を喫した成績では、今回も少々厳しそうだ。

アクアレジーナ 大井からの遠征馬。ここまで3戦1勝で、前走の園田プリンセスカップは後方から少し差を詰めた内容で6着。その成績では今回も厳しい感がある。

エグジビッツ 北海道からの遠征馬。2戦目にJRA認定戦を制したが、その後は苦戦続き。しかし前走の園田プリンセスカップで厳しい展開のなか3着に入った内容は評価できる。

ブラックセドナ デビュー戦は快勝したが、その後の4戦は勝ち馬から1秒差以上という成績。前走も見せ場に乏しい内容では、引き続き厳しい戦いになりそうだ。

金沢シンデレラカップ 地方競馬専門紙 予想

目下の勢いを素直に評価しサラヒメ主力

今年で2回目となった2歳牝馬交流重賞。昨年は地元馬が制したが、今回は地元勢が手薄な事もあり上位候補を他地区からの遠征馬が占める状況に。 詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 1→6 6→1 1→8 1→4
 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

金沢シンデレラカップ 過去のデータ

金沢シンデレラカップを予想しよう!