ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト

  1. 競馬TOP
  2. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  3. 重賞レース一覧
  4. 中日杯

中日杯

重賞

第53回 中日杯

  • 2017年12月10日(日)
  • 金沢:第10競走
  • 2,000m
  • 発走時間 16:15
  • キャンペーン
開催場
金沢競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

中日杯 直前予想

グルームアイランドはメンバー的に実力断然で、今回も相手探しとみてよさそう。その筆頭には、最内枠から先手主張ができそうなメイジンを挙げる。ヤマミダンスは展開がカギだが大外枠から逃げの手が実現できれば軽量が追い風になりそう。トウショウプライドは安定感に欠けるが、メンバー的に上位に食い込む余地がありそうだ。流れ込み図るミスアバンセが連下の穴。

中日杯 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11金沢メイジン牡656.0 金田一 平瀬城 
22金沢グルームアイランド牡656.0 高橋俊 吉原寛 
33金沢ムーンファースト牡354.0 金田一 丸野勝 
44金沢トウショウプライド牡756.0 佐藤茂 葛山晃 
55金沢マイネルリボーン牡756.0 高橋俊 青柳正 
6金沢ミスアバンセ牝554.0 加藤義 田知弘 
67金沢ヴィーナスアロー牝352.0 金田一 栗原大 
8金沢トニーポケット牡856.0 佐藤茂 吉田晃 
79金沢ドライトウショウ牝654.0 金田一 藤田弘 
10金沢ナリタノヘア牝554.0 高橋道 沖静男 
811金沢ウインプリマ牝454.0 鈴木長 中島龍 
12金沢ヤマミダンス牝352.0 中川雅 桑野等 

中日杯 出走馬 短評

メイジン JRA未勝利から門別で3勝し、JRAに戻るも苦戦続き。しかし金沢移籍後は10戦8勝で3着内率100%。今回も先手主張からの押し切りを狙いたいところだろう。

グルームアイランド 地元での競馬なら成績が安定しており、悩まされたノドの不安も解消された様子。イヌワシ賞、北國王冠を制した実力には今回も注目できそうだ。

ムーンファースト 西日本ダービーは勝ちに行く競馬を見せて2着に好走。しかし地元同士のレースとはいえ、古馬が相手という条件では、厳しい戦いが予想される。

トウショウプライド 6月の百万石賞を制したが、その後の重賞では差のある敗戦の連続。過去の成績を見る限りでは、この距離はやや長いのかもしれない。

ミスアバンセ 北國王冠で3着に食い込んだが、勝ち馬からの着差は大。実績的にも、うまく先行してどこまで粘れるかというところだろう。

ヴィーナスアロー 2歳時に快進撃が続き、今年は石川ダービーを制覇。しかしその後が大敗続きで、最近はスタートで前に行けない状況になっている。

トニーポケット 10月にA1一クラスを2勝したが、その後の2戦は大敗。好不調の波があるタイプのようで、現在は調子ひと息になっているのかもしれない。

ドライトウショウ 金沢のA級下位から南関東に移り、B級下位で善戦して、2走前から金沢に復帰。先行できればしぶといが、初の重賞という点を含めて少々厳しい感がある。

ナリタノヘア 5走前にA1一クラスで2着に入ったが、全体的に底力不足。その成績では重賞のメンバーに入ると、見劣りがすると言わざるをえない。

ヤマミダンス 金沢では11戦9連対と好成績で、勝利の大半は逃げ切り。今回は条件的に厳しいかもしれないが、軽量と大外枠という点はプラス材料といえる。 そのほか、マイネルリボーンウインプリマが出走する。

中日杯 地方競馬専門紙 予想

好メンバー揃うもグルームアイランド優勢!!

今季金沢競馬で行われてきた重賞もこれが最終戦。それに相応しく今季中距離古馬重賞の勝ち馬3頭に3歳重賞勝ち馬3頭も加えた好メンバーが揃ったが、やはりここは前走北國王冠を含め秋重賞2勝を挙げているグルームアイランドが一歩リードか。それに対抗するのは…詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 2→1 1→2 2→4 2→5
 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

中日杯 過去のデータ

中日杯を予想しよう!