ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト

  1. 競馬TOP
  2. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  3. 重賞レース一覧
  4. 若駒賞

若駒賞

重賞

第37回 若駒賞

  • 2017年10月15日(日)
  • 盛岡:第12競走
  • 1,600m
  • 発走時間 16:25
開催場
盛岡競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

若駒賞 直前予想

ダートで3戦3勝のブレシアイルが素質的に上位。相手は混戦だが、距離延長が微妙でも盛岡ダートで連対率100%のミズサンゼウスを筆頭に取る。ニッポンダエモンは転入初戦だが無視できない存在といえそう。距離延長がプラスになりそうなリョウノユメも押さえたい。素質秘めるプリヴィレッジ、善戦続くサンエイエンジェルはともに未勝利馬だが、連下の候補として考えておくべきだろう。

若駒賞 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11岩手グレースミウ牝254.0 櫻田樹 山本政 
22岩手ドリームシイ牝254.0 櫻田康 鈴木祐 
33岩手リュウノムーン牡255.0 酒井仁 関本淳 
44岩手リョウノユメ牝254.0 佐藤雅 高松亮 
55岩手ブレシアイル牡255.0 新田守 坂口裕 
66岩手ニッポンダエモン牡255.0 櫻田康 齋藤雄 
77岩手ミズサンゼウス牡255.0 千葉幸 山本聡 
8岩手ムーンドライヴ牝254.0 伊藤和 菅原俊 
89岩手サンエイエンジェル牝254.0 瀬戸幸 菅原辰 
10岩手プリヴィレッジ牡255.0 伊藤忍 高橋悠 

若駒賞 出走馬 短評

グレースミウ ここまで5戦未勝利だが、いずれも大敗までは喫していない状況。それでも2着以内がゼロという成績では、上位争いまでは厳しいとみるのが妥当だろう。

ドリームシイ 過去7戦のうち5戦が3着以内で、芝の若鮎賞で大敗した以外は善戦続き。盛岡ダートでは3戦2勝、3着1回と上々だが、距離延長という点は気にかかる。

リュウノムーン 水沢のデビュー戦は圧勝したが、ジュニアグランプリは大敗。しかし続く前走は3着に善戦しており、距離延長でもダート戻りなら巻き返しが狙えそうだ。

リョウノユメ 水沢のデビュー戦を快勝し、続く盛岡芝のJRA認定戦は先行するも粘れず5着。それでもスピードは互角以上で、距離延長もプラス材料と考えられる。

ブレシアイル 芝の新馬戦を制し、若鮎賞では逃げるも失速して8着だったが、その後はダートで3連勝。前走と同じ距離でもあり、今回も押し切りが期待できそうだ。

ニッポンダエモン 門別で4戦して勝利は一般戦での1勝だけだが、3度のJRA認定戦では単勝1番人気。今回は移籍初戦で未知数だが、押さえておくべき存在だろう。

ミズサンゼウス 水沢のビギナーズカップでは最下位に敗れたが、盛岡のダートではJRA認定戦を含めて3戦3連対。血統的に距離延長は微妙でも、力量的に無視できない。

ムーンドライヴ 門別では3戦未勝利で、そのうち2戦が2ケタ着順。しかし岩手移籍初戦の前走は圧勝しており、今回もスタート五分なら粘り込む可能性が考えられる。

サンエイエンジェル 芝の新馬戦で2着に入り、若鮎賞は7着だったが、その後の3戦はすべて2着。ただ、前3走で敗れたブレシアイルを超えるのは厳しいかもしれない。

プリヴィレッジ ここまで5戦未勝利だが、2着と3着が各2回。前走のジュニアグランプリはクビ差2着で岩手所属馬では最先着と、素質的に侮れない存在といえる。

若駒賞 地方競馬専門紙 予想

素質断然ブレシアイルで軸は決まり

本日のメインは、未来優駿2017 芝の短距離特別「若駒賞」(M2、JRA認定、2歳オープン、左回り、ダート1600m)。斤量を背負った前走も快勝したブレシアイルの能力が一枚ぬけている。相手筆頭にはサンエイエンジェルで落ち着く。 詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 5→9 5→2 5→7 5→6 5→10 9→5 2→5 7→5 6→5 10→5
 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

若駒賞 過去のデータ

若駒賞を予想しよう!