ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト

  1. 競馬TOP
  2. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  3. 重賞レース一覧
  4. ナナカマド賞

ナナカマド賞

重賞

第40回 ナナカマド賞

  • 2017年10月15日(日)
  • 帯広:第10競走
  • 200m
  • 発走時間 20:10
開催場
帯広競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

ナナカマド賞 直前予想

比較が難しいところだが、詰めひと息の現状でも安定感があるハマノダイマオーを主軸に指名。オレワチャンピオンも善戦続きで、今回も崩れることはなさそうだ。牝馬がいまひとつというデータはあるが、ミスタカシマは地力的に互角以上と考えられそう。ジェイコマンダーは負担重量増がカギだが、力量的に押さえておきたい存在だ。カネサダイマオーは前走の末脚が再現できれば再度の勝利が考えられる。

ナナカマド賞 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11ばんえいジェイコマンダー牡2580 槻舘重 西将太 
22ばんえいバンリュウブラック牡2570 久田守 赤塚健 
33ばんえいジェイフラワー牝2550 平田義 西謙一 
44ばんえいカネサダイマオー牡2570 松井浩 藤野俊 
55ばんえいミスタカシマ牝2560 槻舘重 工藤篤 
66ばんえいハマノダイマオー牡2570 松井浩 藤本匠 
77ばんえいコウシュハレガシー牡2570 平田義 松田道 
8ばんえいブラックエース牡2570 岩本利 菊池一 
89ばんえいオレワチャンピオン牡2580 中島敏 鈴木恵 
10ばんえいウィナーサラ牝2550 西康幸 阿部武 

ナナカマド賞 出走馬 短評

ジェイコマンダー デビュー戦を圧勝し、その後も好走を続けてきたが、青雲賞では第2障害で膝をついてしまい9着に大敗。前走は勝利したが、負担重量増には一抹の不安が残る。

バンリュウブラック ここまで3勝を挙げているが、大敗も多いという成績。それでも底力は秘めていそうで、ノーマークにはしにくいタイプといえるかもしれない。

ジェイフラワー 通算3勝でも2着がゼロという成績で、好走と大敗の差が大きい成績。体重が増えてきている点には好感が持てるが、ここでは地力的に少々厳しそうだ。

カネサダイマオー デビュー戦と3戦目を制したが、その後の3戦は低迷。しかし最近3戦は持ち直して、前走の青雲賞では末脚を持続させて快勝と、上昇ムードを示している。

ミスタカシマ ここまで7戦6連対で、前走の牝馬限定の特別戦も圧勝。今回は牡馬の上位クラスが相手となるが、スピードが生きる展開になればチャンスが十分あるだろう。

ハマノダイマオー 過去12戦はすべて5着以内に入っており、最近4戦は僅差での入線。青雲賞でもしぶとく粘り込んでおり、今回も善戦以上が狙えそうだ。

コウシュハレガシー 8月の2戦は大敗したが、それ以外は上々の成績。とはいえ小柄な馬体はパワーに欠ける感が否めないところで、負担重量増は大きな課題となる。

ブラックエース 2戦目、5戦目、8戦目に勝利を挙げたが、それ以外は差のある敗戦が多い成績。最近3戦は大敗という状況では、強調しにくい感がある。

オレワチャンピオン 前走は4着に敗れたが、それ以外は3着以内をキープ。青雲賞は2着だったが最後まで力を出しており、その安定感には今回も注目可能だ。

ウィナーサラ 2戦目に勝利を挙げるもその後は苦戦が続いたが、最近3戦は上々。このメンバーに入ると劣勢という感は否めないが、目下の調子には警戒すべきかもしれない。

ナナカマド賞 地方競馬専門紙 予想

斤量差生かせるハマノダイマオーに期待

A1クラスで常に上位争いを続けているハマノダイマオー、ミスタカシマ、オレワチャンピオン、ジェイコマンダーが有力。4頭の中で唯一賞金ハンデを背負わないハマノダイマオーを中心に。他3頭も力量差がないだけに、逆転も十分。青雲賞を快勝したカネサダイマオーは再度流れが向けば一発も。 詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 6→5 6→9 6→1 6→4 5→6 9→6
 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

ナナカマド賞 過去のデータ

ナナカマド賞を予想しよう!