ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト

  1. 競馬TOP
  2. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  3. 重賞レース一覧
  4. 九州オールカマー

九州オールカマー

重賞

第5回 九州オールカマー

  • 2018年1月7日(日)
  • 佐賀:第11競走
  • 2,000m
  • 発走時間 16:55
  • キャンペーン
開催場
佐賀競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

九州オールカマー 直前予想

キョウワカイザーの相手探しとなる一戦。その筆頭には好走続くキタサンシリーズを据えるのが妥当だろう。アクロマティックは距離延長がカギだが展開ひとつで上位食い込みが狙えそう。キングプライドは近走成績がいまひとつだが、ここなら押さえる必要があるだろう。先行策が取れそうなコウザンゴールドにも要マーク。流れ込みを狙うタガノリバレンスを3連勝式の穴として挙げておきたい。

九州オールカマー 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11佐賀キタサンシリーズ牡556.0 北村欣 山口勲 
22佐賀アクロマティックセン856.0 山田義 吉田順 
33佐賀コスモポッポ牡656.0 山田義 竹吉徹 
44佐賀コウザンゴールド牡656.0 手島勝 鮫島克 
55佐賀キョウワカイザー牡856.0 大垣敏 真島正 
66佐賀ニシノビークイックセン956.0 井樋明 田中直 
77佐賀タガノリバレンス牡956.0 九日光 田中純 
88佐賀キングプライド牡656.0 土井道 川島拓 

九州オールカマー 出走馬 短評

キタサンシリーズ JRA未勝利から門別で3勝を挙げてJRAに戻るも苦戦続き。昨年5月以降は佐賀に移って14戦12連対で、すべて4着以内と安定した成績を残している。

アクロマティック 佐賀では5戦して2着1回だが、自身の力は出せている印象。それだけに今回も相手次第となりそうだが、メンバー的に食い込んでくる可能性はありそうだ。

コスモポッポ 佐賀転入初戦から善戦傾向がある馬だったが、昨年10月以降は差のある敗戦の連続。それでも堅実に差を詰めてくるだけに、3連勝式の穴としてなら一考できる。

コウザンゴールド JRA未勝利から佐賀に移って好走が続き、昨春ははがくれ大賞典を制覇。しかしその後の5戦はひと押し不足の内容で、ここでも善戦以上は厳しそうだ。

キョウワカイザー 現在4連勝中で、佐賀で31勝の実績は断然。それでも他馬と同じ負担重量という設定ならば、連勝継続が濃厚とみるのが妥当だろう。

ニシノビークイック JRA時に芝で5勝を挙げたが、その後は兵庫でも佐賀でも大敗の連続。年齢的な面と現在の状況では、ダート適性に欠けていると言わざるをえない。

タガノリバレンス JRAの芝で2勝を挙げ、佐賀移籍後は26戦1勝。スタートで後方に置かれてしまうタイプだけに8頭立ては歓迎だが、それでも上位争いまでは厳しそうだ。

キングプライド 3年前の九州ダービーを勝つなど好走続きの成績だったが、昨年は休養から復帰して以降がいまひとつ。それでも地力があるだけに、無視しにくい存在といえる。

九州オールカマー 地方競馬専門紙 予想

重賞連続優勝中キョウワカイザーV最短。

九州大賞典・中島記念を連続優勝中のキョウワカイザーがV最短。前走乗り替わりで不発のアクロマティックが今回は吉田騎手で見直し必要に。キタサンシリーズも山口勲騎手とのコンビになるし、ここでも差はないはず。コウザンゴールド・キングプライドも流れ次第では。タガノリバレンスは乱戦待ちになる。 詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 5→2 2→5 5→1 5→4 2→1 5→8 1→2
 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

九州オールカマー 過去のデータ

九州オールカマーを予想しよう!