ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト

  1. 競馬TOP
  2. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  3. 重賞レース一覧
  4. オータムカップ

オータムカップ

重賞

第44回 オータムカップ

  • 2017年9月15日(金)
  • 笠松:第10競走
  • 1,900m
  • 発走時間 16:10
開催場
笠松競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

オータムカップ 直前予想

エイシンニシパは昨年の笠松グランプリでは大敗したが、距離不足が敗因とみるべきで、この距離と目下の成績なら中心視が妥当。相手は混戦だが、差し脚を長く使えるエーシンマックスを指名したい。笠松コースで好成績を残しているヴェリイブライトにも要マーク。堅実に差を詰めるウインオベロンも押さえたい。ヒロノカマオレ、マヤノカデンツァも仕掛けひとつで上位争いが狙えそう。連下の穴として、転入3戦目のフッカツノノロシを挙げておきたい。

オータムカップ 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11兵庫エイシンニシパ牡457.0 橋本明 田中学 
22名古屋ヴェリイブライト牡757.0 川西毅 加藤聡 
33笠松タッチデュール牝855.0 湯前良 大原浩 
44笠松セルリアンラッシュ牡657.0 栗本陽 池田敏 
55笠松フッカツノノロシ牡457.0 法理勝 吉井友 
66名古屋ヒロノカマオレセン557.0 坂口義 柿原翔 
77名古屋マヤノカデンツァ牡857.0 川西毅 岡部誠 
8兵庫ウインオベロン牡557.0 盛本信 吉原寛 
89笠松アクロマティックセン757.0 後藤正 向山牧 
10名古屋エーシンマックス牡757.0 錦見勇 大畑雅 

オータムカップ 出走馬 短評

エイシンニシパ 兵庫からの遠征馬。春は六甲盃とA1戦で大敗したが、最近3戦は復調の感も。笠松では2戦1勝で、3歳限定戦だが同じ距離の岐阜金賞を圧勝している。

ヴェリイブライト 南関東でデビューして、全体的に大崩れが少ない成績。名古屋に移籍してからの勝利はすべて笠松と、コース適性の高さを示している。

タッチデュール 4年前のこのレースの3着馬だが、さすがに最近の成績では苦戦必至。地元戦は歓迎材料でも、上位争いまでは考えにくい。

セルリアンラッシュ JRA未勝利から名古屋で2勝してJRAに戻り、園田の条件交流戦で勝利。その後は金沢で昨秋以降が苦戦続きという状況では、笠松2戦目でも厳しそうだ。

フッカツノノロシ JRAでは未勝利でも2着5回と善戦し、その後は兵庫と南関東を経て笠松に移り、移籍2戦目の前走は僅差の3着。その走りで距離延長なら警戒が必要だ。

ヒロノカマオレ JRA未勝利から南関東に移り、5歳春の今春に初勝利と2勝目をマーク。4走前からは名古屋に移って好成績を挙げており、ここでも相手なりに走れるかもしれない。

オータムカップ 地方競馬専門紙 予想

笠松で名古屋勢が兵庫馬を迎撃!?

7月、名古屋1900m名港盃の最後コーナーは遠征馬の集団がクローズアップ。地元最先着の4着マヤノカデンツァとの差は7馬身。力の差をまざまざと見せ付けられた。今回もその1、2着馬である兵庫エイシンニシパ、ウインオベロンが参戦してきて戦々恐々。 詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 6→10 10→6 6→7 10→7 6→2 10→2 6→1 10→1 6→8 10→8
 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

オータムカップ 過去のデータ

オータムカップを予想しよう!