ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト

  1. 競馬TOP
  2. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  3. 重賞レース一覧
  4. 岩見沢記念

岩見沢記念

重賞

第53回 岩見沢記念

  • 2017年9月17日(日)
  • 帯広:第10競走
  • 200m
  • 発走時間 20:10
開催場
帯広競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

岩見沢記念 直前予想

オレノココロは成績が安定しており、今回も崩れることはなさそう。フジダイビクトリーはひと押しに欠ける感がある現状だが、昨年に続く勝利が期待できる。コウシュハウンカイは負担重量が800㎏以上で未勝利という点が気になるが、実力的に無視できない存在だ。サクラリュウは底力に欠けるが流れ込みに警戒する必要があるだろう。

岩見沢記念 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11ばんえいセイコークイン牝7800 岡田定 西将太 
22ばんえいカイシンゲキ牡6820 槻舘重 工藤篤 
33ばんえいオレノココロ牡7830 槻舘重 鈴木恵 
44ばんえいフジダイビクトリー牡9820 中島敏 松田道 
55ばんえいサクラリュウ牡7820 金山明 菊池一 
66ばんえいコウシュハウンカイ牡7840 松井浩 藤本匠 
77ばんえいキサラキク牝6800 金田勇 阿部武 

岩見沢記念 出走馬 短評

セイコークイン 北斗賞とばんえいグランプリが10着で、続く2戦もブービー、最下位では厳しい状況。ここで一気の変わり身があるとは考えにくい。

カイシンゲキ 北斗賞9着、ばんえいグランプリ6着で、その後の2戦も差のある敗戦。現状では力量不足とみるのが妥当で、引き続き苦戦となりそうだ。

オレノココロ 今年のばんえい記念を勝ち、その後も旭川記念を制したが、最近5戦は善戦まで。それでも地力的には上位で、ここでも首位争いが可能だろう。

フジダイビクトリー ばんえいグランプリは2年連続で4着だったが、昨年は岩見沢記念を制覇。前走は転厩後の初勝利で、調子上昇の感もありそうだ。

サクラリュウ 昨冬から大崩れの少ない成績が続いているが、北斗賞とばんえいグランプリでは差のある敗戦。底力に欠ける現状だが、3連勝式の候補としては考えられる。

コウシュハウンカイ 今季は開幕から7戦連続で連対し、前走は3着でも着差はわずか。負担重量増は心配だが、目下の状況なら引き続き首位争いが狙えそうだ。

キサラキク 昨年のドリームエイジカップを制したが、その後は重賞になると勝ち馬から10秒差以上での敗戦続き。昨年も夏場の成績はいまひとつだった。

岩見沢記念 地方競馬専門紙 予想

内容良化したオレノココロに期待

北斗賞とグランプリを制したニュータカラコマが不在でオレノココロ、コウシュハウンカイ、フジダイビクトリーの三つ巴の様相。中でもレースぶりが良化し復調気配が窺えるオレノココロに期待。 オレノココロはハナから走りスムーズに流れに乗れていた前走。障害もひと腰でまとめており、結果は差し届かずの2着に敗れたとはいえ、上々のレースぶり。 詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 3→6 3→4 6→3 4→3
 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

岩見沢記念 過去のデータ

岩見沢記念を予想しよう!