ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト

  1. 競馬TOP
  2. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  3. 重賞レース一覧
  4. 御船山賞

御船山賞

重賞

第4回 御船山賞

  • 2018年1月5日(金)
  • 佐賀:第12競走
  • 1,800m
  • 発走時間 16:50
  • キャンペーン
開催場
佐賀競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

御船山賞 直前予想

コウザンヒキリは堅実に差を詰めるタイプで前走に続いての勝利に期待。ロードエスペランサは距離延長が課題だが、佐賀での安定感なら引き続き首位争いが期待できる。ウインヴォルケーノも近走上々で再度の差し脚発揮に要警戒。スラッシュは詰めひと息だが主導権を取っての粘り込みが考えられる。テイエムトッピモンは差し一手だが、3連勝式の押さえとして挙げておきたい。

御船山賞 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11佐賀ロードエスペランサ牡656.0 大垣敏 鮫島克 
22佐賀バイタルフォルム牡856.0 池田忠 倉富隆 
33佐賀コウザンヒキリ牡6☆ 55.0 手島勝 山口以 
44佐賀スプリングスワン牝954.0 中川竜 兒島真 
55佐賀テイケイネクサス牡656.0 九日光 山口勲 
66佐賀ウインヴォルケーノ牡556.0 大島静 吉田順 
77佐賀スラッシュ牡556.0 真島元 真島正 
88佐賀テイエムトッピモン牡756.0 川田孝 山下裕 
9佐賀キャバーン牡856.0 西久政 川島拓 

御船山賞 出走馬 短評

ロードエスペランサ JRA未勝利から門別で2勝を挙げ、兵庫を経て佐賀C級で好走し、南関東でも2勝。この夏以降は苦戦したが、佐賀再転入後の成績ならここでもチャンスだ。

バイタルフォルム JRAのダートで3勝を挙げたが、1000万条件では苦戦。佐賀では6戦して2着1回となっているが、そのほかの5戦はすべて大敗している。

コウザンヒキリ JRA未勝利から南関東のC級で3勝を挙げ、佐賀では3勝でも大崩れが少ない成績。近走は堅実な差し脚を見せており、ここでも首位争いが狙えそうだ。

スプリングスワン 5走前に勝利を挙げたが、それ以後の4戦は大敗続き。中距離経験も乏しいという成績では、ここで一変があるとは考えにくい。

テイケイネクサス JRAのダートで勝利を挙げたが、昇級後は苦戦。その後は兵庫B級で3勝を挙げたが、昨年は未勝利。佐賀初戦予定だったレースが競走取止めになったのも誤算だろう。

ウインヴォルケーノ JRAでは未勝利だったが、佐賀移籍後は大崩れが少ない成績。中距離でもまずまずの成績となっており、今回も差し脚が発揮できる可能性がある。

スラッシュ 佐賀では37戦して、6着以下が3回だけ。最近は詰めひと息でも善戦傾向を見せており、ここでも善戦以上が狙えそうだ。

テイエムトッピモン JRA時は14戦して3着2回だったが、佐賀では善戦。しかし昨夏以降は差のある敗戦が続いており、今回もどこまで流れ込めるかというところだろう。

キャバーン 南関東で8勝を挙げたが、昨年7月以降は成績的にいまひとつ。佐賀での3戦も大敗続きという状況では、ここで一変があるとは考えにくい。

御船山賞 地方競馬専門紙 予想

仕切り直しテイケイネクサス仕上がりアップ。

今回は1800m戦。前走不成立となったテイケイネクサスはこの中間も乗り込み順調で仕上がりアップ。今回のメンバーでも勝ち負け注目。コウザンヒキリの安定度も引き続き警戒。ここも位置取り次第で差し切まで。ロードエスペランサは距離延長がカギも、1枠経済コース周りで決め手生かせる。スラッシュも好位先行策で追走可能なところ。 詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 5→3 5→1 3→5 5→7 3→1 1→3 5→2 5→6 3→7 7→3
 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

御船山賞 過去のデータ

御船山賞を予想しよう!