ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト

  1. 競馬TOP
  2. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  3. 重賞レース一覧
  4. 摂津盃

摂津盃

重賞

第49回 摂津盃

  • 2017年8月18日(金)
  • 園田:第10競走
  • 1,700m
  • 発走時間 20:00
開催場
園田競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

摂津盃 直前予想

混戦のメンバーなら、勢い断然のトランヴェールが先手主張から押し切れそう。エイシンニシパは差す競馬もできるタイプで、再度の首位争いに期待ができる。バズーカは休み明けの前走を快勝しており引き続き勝利が狙えそう。ウインオベロンはひと押しに欠けるが、相手なりに走れるタイプで一角崩しの候補に指名する。ミッレミリアは試金石だが立ち回りひとつで上位食い込みが狙えそう。マイタイザンは叩き2走目で好位差しの形になれば善戦以上が考えられる。

摂津盃 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11兵庫マイタイザン牡455.0新井隆杉浦健
22兵庫ベルサリエーレ牡753.0住吉朝松本幸
33兵庫バレーナボス牡653.0荒山義板野央
44兵庫ミッレミリア牡454.0保利良大山真
55兵庫マルカライン牡553.0橋本明松浦政
6兵庫バズーカ牡556.5田中範赤岡修
67兵庫アクロマティックセン754.0新子雅笹田知
8兵庫ウインオベロン牡554.0盛本信川原正
79兵庫タガノトリオンフ牝553.0新子雅下原理
10兵庫トランヴェール牡656.0長南和永島太
811兵庫エイシンホクトセイ牡653.0新子雅吉村智
12兵庫エイシンニシパ牡457.0橋本明田中学

摂津盃 出走馬 短評

マイタイザン 昨秋の西日本ダービーを圧勝したが、その後は休養に入って前走が復帰初戦。それでも内容的には上々で、叩いての前進が期待できそうだ。

ベルサリエーレ JRAではダート中距離で5勝を挙げたが、兵庫での3勝はすべて1400メートル。2走前に1700メートル戦で先行して4着に粘ったが、今回は相手も強力だ。

バレーナボス JRA未勝利から兵庫に移ってオープンまで出世したが、重賞では9回出走して最高着順が2着。このレースは昨年6着、一昨年8着となっている。

ミッレミリア JRAではすべて芝に出走して2着と3着が各1回だったが、兵庫移籍後は14戦10勝で3着内率100%と一変。今回は初の重賞挑戦だが、その成績なら侮れない。

マルカライン JRAでの勝利は3歳2月に挙げたダート中距離の新馬戦のみ。兵庫移籍後はB級で3連勝して、2走前にA2クラスで勝利を挙げたが、今回は少々厳しそうだ。

バズーカ 3歳時に重賞を4勝し、昨年は12月に園田金盃を勝利。その後の3戦は内容的にいまひとつだったが、前走の押し切り勝ちは復調気配ありと考えられる。

アクロマティック JRA未勝利から兵庫に移って徐々にクラスを上げ、昨年は新春賞、梅見月杯、名港盃を勝利。しかし今年は勝ち馬から差のある結果が続いている。

ウインオベロン JRA未勝利から兵庫に移って5連勝を挙げ、再びJRAに戻るも善戦まで。しかし7走前の兵庫復帰後は安定しており、前走の名港盃はクビ差2着に好走した。

タガノトリオンフ JRA未勝利から兵庫に移って10連勝をマーク。その後も兵庫クイーンカップを制して新春賞ではハナ差2着。ただ、前走の大幅馬体減は心配だ。

トランヴェール 4歳春から11連勝を挙げ、A1クラスに上がった直後は善戦止まりだったが、4走前から再び連勝。その勢いとスピードなら、ここでも勝利が狙えそうだ。

エイシンホクトセイ 2歳時に門別で2勝して、重賞でも好走。兵庫ではオープンで勝利を挙げているが、重賞では3走前の兵庫大賞典3着が最高着順となっている。

エイシンニシパ 門別でJRA認定戦を含む2勝を挙げ、3歳時は兵庫ダービーで僅差2着。その後は金沢、笠松で重賞を勝ち、今年は新春賞と名港盃を制覇と充実一途だ。

摂津盃 地方競馬専門紙 予想

難解を極めるハンデ重賞を制するのは!?

本日のその金ナイターのメインレースは伝統のハンデ重賞、第49回摂津盃。今年は大混戦でどこからでも入れるメンバー構成。本命はミッレミリア。前走快勝後も順調で追い切りの動きも軽快。54キロという斤量も有利に働きそう。 詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 4→1 1→4 4→12 12→4 4→6 4→10 4→5
 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

摂津盃 過去のデータ

摂津盃を予想しよう!