ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト

  1. 競馬TOP
  2. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  3. 重賞レース一覧
  4. 大村湾賞

大村湾賞

重賞

第5回 大村湾賞

  • 2017年7月22日(土)
  • 佐賀:第9競走
  • 1,400m
  • 発走時間 17:10
  • キャンペーン
開催場
佐賀競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

大村湾賞 直前予想

サプールは前走で粘れなかったが、叩き2走目で距離短縮なら首位争いが必至。好走続くリトルカントリーが強敵だ。この2頭の一騎打ちが濃厚で、単騎逃げが狙えそうなミスタージャックが粘り込めるかというところ。流れ込みタイプのコスモポッポ、苦戦続きでも実力があるカシノタロンを3連勝式の穴として挙げておきたい。

大村湾賞 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11佐賀コスモポッポ牡556.0 山田義 兒島真 
22佐賀アラートミノル牡656.0 大島静 村松翔 
33佐賀カシノタロン牝654.0 山下定 石川慎 
44佐賀リトルカントリー牡656.0 九日光 田中純 
55佐賀サプール牡456.0 東眞市 山口勲 
66佐賀エフェクト牝554.0 真島元 真島正 
77佐賀ミスタージャック牡656.0 東眞市 竹吉徹 
88佐賀リュウグウノツカイ牝654.0 山田義 吉田順 

大村湾賞 出走馬 短評

コスモポッポ 昨夏以降、20戦連続で5着以内に入っているが、今年は未勝利。前走の2着も勝ち馬からは大差だっただけに、今回も連下の押さえまでが妥当だろう。

アラートミノル JRAのダート中距離で勝利を挙げたが、昇級後は大敗続き。その後は笠松B級で3勝を挙げ、佐賀では1750メートルで1勝したが、1400メートルでは苦戦が続いている。

カシノタロン 昨年は吉野ヶ里記念を制したが、それ以降は善戦止まりという状況。夏場が得意なタイプでも、現状では苦戦必至と言わざるをえない。

リトルカントリー 門別と大井で合計6勝を挙げ、今年から佐賀に移って9戦とも3着以内。前走はクビ差での勝利だったが、ここでも先行粘り込みに期待ができる。

サプール 3歳時に飛燕賞を勝ち、昨年は船橋で2勝を挙げ、昨年11月以降は佐賀に戻って3勝をマーク。前走は最後に失速しての3着だったが、地力的には上位だろう。

エフェクト 2歳時にJRAの九州産馬限定戦を2勝するも、その後は苦戦。佐賀での初戦は2着だったが、その後の2戦が最下位という成績では、叩き2走目でも強調しにくい。

ミスタージャック 2歳時にJRA認定戦を含む3勝を挙げ、その後も堅実に勝利。昨秋以降は未勝利だが、前走は逃げ粘って2着と復調してきている感はある。

リュウグウノツカイ 3歳夏までに南関東で3勝を挙げたが、その後は善戦まで。佐賀での4戦もすべて差のある敗戦という状況では、強調材料は見出しにくい。

大村湾賞 地方競馬専門紙 予想

叩き上昇サプールV狙う。

今回は吉野ヶ里記念の空き家。少頭数で物足りない構成になったが、サプールがここでV狙う。リトルカントリーも前走の走りなら再度2番手でV攻防まで。ミスタージャックもペース次第では際どい勝負になる。コスモポッポはここも後方待機から差し狙いになるが、展開頼りに。カシノタロンは去年の吉野ヶ里記念馬。今回は空き家出走だが、警戒したい。アラートミノルは仕上がり途上。 詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 5→4 5→7 4→5 5→1 4→7 7→4 5→3
 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

大村湾賞 過去のデータ

大村湾賞を予想しよう!