ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト

  1. 競馬TOP
  2. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  3. 重賞レース一覧
  4. 吉野ヶ里記念

吉野ヶ里記念

重賞

第19回 吉野ヶ里記念

  • 2017年7月23日(日)
  • 佐賀:第11競走
  • 1,400m
  • 発走時間 18:05
  • キャンペーン
開催場
佐賀競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

吉野ヶ里記念 直前予想

東眞市厩舎が2頭出しで、マサヤに所属の山口勲騎手。しかし枠はイッセイイチダイのほうが内側となると、先行タイプのマサヤを目標にできるイッセイイチダイのほうが有利になりそう。しかしこの2頭の一騎打ちとなる確率が高いだろう。堅実に差を詰めてくるコウギョウダグラスが割って入れるかどうかというところ。好位付けが狙えるベルモントナイトを3連勝式の候補として挙げておきたい。

吉野ヶ里記念 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11佐賀コスモガラサ牡856.0大島静村松翔
22佐賀タガノリバレンス牡856.0九日光田中純
33佐賀ダンシング牝554.0真島元真島正
44佐賀イッセイイチダイ牡556.0東眞市鮫島克
55佐賀ベルモントナイト牝654.0柳井宏渡辺博
66佐賀ヒショウセン956.0井樋明田中直
77佐賀コウギョウダグラス牡1056.0大島静吉田順
88佐賀ロジメジャー牡856.0山田義竹吉徹
9佐賀マサヤ牡656.0東眞市山口勲

吉野ヶ里記念 出走馬 短評

コスモガラサ 善戦傾向がある馬だが、勝ち星は昨年10月が最後。最近の成績は底力に欠ける印象で、この距離ではスピード的に厳しい戦いを強いられそうだ。

タガノリバレンス JRA時は芝で2勝を挙げ、佐賀では1400メートルで1勝。しかし7戦連続で勝ち馬から1秒以上の差で負けている現状では、ここに入ると少々厳しい。

イッセイイチダイ 3歳春から4歳春にかけて調子を落としたが、それ以後はJRA移籍時を除くと佐賀で9連勝。その勢いはここでも大いに注目できる。

ベルモントナイト 今春は南関東で2勝を挙げた直後に佐賀に移り、以後は2戦して2着1回。前走は後方のまま敗れたが、今回は好位からの粘り込みを狙いたいところだ。

ヒショウ JRAのダート短距離で2勝を挙げ、その後は南関東で2勝を追加。佐賀では今年1月に勝利を挙げたが、その後は差のある敗戦が続く状況になっている。

コウギョウダグラス 南関東の短距離戦線で活躍した実力馬だが、佐賀では6戦して2着4回。それでも大崩れが少ない点は評価可能で、今回も善戦以上が見込めそうだ。

ロジメジャー JRAの芝で3勝を挙げるも、昨年以降は大敗の連続。佐賀でも苦戦続きという状況では、状態面も適性面もいまひとつと言わざるをえない。

マサヤ 3歳夏まで佐賀で活躍し、その後も南関東で勝ち星を重ね、昨秋の佐賀復帰後も好走続き。現在5戦連続連対中で3連勝中という勢いには、今回も期待できそうだ。

吉野ヶ里記念 地方競馬専門紙 予想

相手緩和マサヤV最短。

夏のスプリント決戦。マサヤが今回のメンバー構成なら有利。外枠も好都合だし、同僚イッセイイチダイの2番手で無理なく競馬できる。イッセイイチダイも逃げ可能だし、近走の走りと今回のメンバーなら際どい勝負に。 詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 9→4 9→7 4→9 9→5 4→7 7→9 9→1 7→4
 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

吉野ヶ里記念 過去のデータ

吉野ヶ里記念を予想しよう!