ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト

  1. 競馬TOP
  2. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  3. 重賞レース一覧
  4. 金沢スプリントカップ

金沢スプリントカップ

重賞

第15回 金沢スプリントカップ

  • 2017年7月25日(火)
  • 金沢:第11競走
  • 1,400m
  • 発走時間 17:10
  • キャンペーン
開催場
金沢競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

金沢スプリントカップ 直前予想

逃げたい馬がいる顔ぶれなら、ドリームコンサートが好位付けから差し切れそう。マークスマンは最近2戦が詰めひと息だが、ここなら上位食い込みが狙えるだろう。ライスエイトは時計的に互角以上で、52㎏で臨める点もプラス材料。メイジンは展開次第だが、競らずに行けるようなら残り目が考えられそうだ。ウインプリマは距離短縮が微妙だが、3連勝式の候補として押さえておきたい。

金沢スプリントカップ 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11金沢メイジン牡657.0 金田一 平瀬城 
22兵庫マークスマンセン757.0 長南和 竹村達 
33笠松マイネルボールド牡457.0 笹野博 渡邊竜 
44金沢ウインプリマ牝455.0 鈴木長 中島龍 
55笠松タッチデュール牝855.0 湯前良 筒井勇 
66兵庫ドリームコンサート牡857.0 柏原誠 川原正 
77笠松ライスエイト牝352.0 加藤幸 池田敏 

金沢スプリントカップ 出走馬 短評

メイジン JRA未勝利から門別で3勝を挙げて、JRAに戻るも善戦までだったが、今春から金沢に移ると7戦7連対と本格化。今回も先手主張から押し切りを狙いたいところだ。

マークスマン 兵庫からの遠征馬。JRAのダート短距離で3勝を挙げ、兵庫移籍後はA級で7勝。最近は中距離戦への出走が続いているが、この距離でも問題ないだろう。

マイネルボールド 笠松からの遠征馬。JRAの芝短距離で勝利を挙げるも、3歳以降は大敗続き。その後は笠松に移って4勝したが、最近の成績からは強調しにくい。

ウインプリマ JRAでは大敗続きだったが、3歳春に金沢に移ってからは好走続きで、大井での2勝を含めて7勝をマーク。地元コースで安定している点も強みといえる。

タッチデュール 笠松からの遠征馬。3年前の2着馬だが、最近は大敗の連続で実力の衰えが隠せない状況。前走から中7日という点を含めて、ここでの一変は考えにくい。

ドリームコンサート 兵庫からの遠征馬。JRAのダート短距離で4勝を挙げ、兵庫移籍後も4勝をマーク。休み明けの前走も上々で、昨年の2着以上が狙えそうだ。

ライスエイト 笠松からの遠征馬。JRAでの4戦は大敗だったが、笠松では9戦8連対。しかし過去の勝利はすべて逃げ切りという馬だけに、今回も展開面がポイントだろう。

金沢スプリントカップ 地方競馬専門紙 予想

勢いに乗るメイジンの逃げ切り本命視!!

ここ2年は園田からの遠征馬が連覇しているこのレースだが、今回は当地の期待馬メイジンが参戦。百万石賞2着後はここを目標に調整されており、実績に乏しかった距離千四も前走の特別戦を快勝し克服。スピードは遠征馬と比べても遜色なく勝ち負けの可能性は十分。 詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 1→6 6→1 1→2 1→4
 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

金沢スプリントカップ 過去のデータ

金沢スプリントカップを予想しよう!