ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト

  1. 競馬TOP
  2. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  3. 重賞レース一覧
  4. 名古屋でら馬スプリント

名古屋でら馬スプリント

重賞

第7回 名古屋でら馬スプリント

  • 2017年6月20日(火)
  • 名古屋:第11競走
  • 800m
  • 発走時間 16:20
開催場
名古屋競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

名古屋でら馬スプリント 直前予想

混戦のメンバーで難解だが、スプリント戦で持ち味がいきそうなエトワールドロゼを中心に抜擢。外枠からスピードに乗れそうなサンデンバロンにも期待ができる。トーホウハンターは格下だが立ち回りひとつで上位食い込みが狙えそう。レディエントブルーは相手強化でもスピードに乗れれば善戦以上が考えられる。好走続くハイジャ、昨年の覇者であるハナノパレードにも要マーク。

名古屋でら馬スプリント 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11名古屋ハナノパレード牝556.0 迫田清 木之葵 
22金沢エトワールドロゼ牝656.0 金田一 田知弘 
33金沢スガノランバダ牝454.0 金田一 吉井友 
44名古屋レディエントブルー牝456.0 今津勝 大畑雅 
55名古屋サマーサラファン牝556.0 田中敏 丸野勝 
66笠松ハイジャ牡457.0 井上孝 佐藤友 
77金沢ビュウイモン牝454.0 金田一 向山牧 
88名古屋サンデンバロン牡557.0 塚田隆 丹羽克 
9名古屋トーホウハンター牡557.0 原口次 宮下瞳 

名古屋でら馬スプリント 出走馬 短評

ハナノパレード 昨年の優勝馬で、その後は善戦多数で大崩れが少ない成績。今回は最内枠という点がカギになりそうだが、うまく先手が取れれば残り目がありそうだ。

エトワールドロゼ 金沢からの遠征馬。一昨年の読売レディス杯を逃げ切ったスピードタイプだが、最近は粘りひと息の感も。それだけに距離短縮はプラス材料かもしれない。

スガノランバダ JRAと大井で未勝利だったが、金沢移籍2走目の900メートル戦で初勝利。1戦をはさみ、前走でも逃げ切り勝ちをおさめたが、今回の相手は強力だ。

レディエントブルー 2歳7月にJRAで新馬戦を勝ったが、その後は苦戦が多数。しかし名古屋移籍後に8戦8連対と好走しているその勢いには魅力がある。

サマーサラファン JRAでは12戦とも大敗したが、金沢移籍後は5連勝して、名古屋でも上々の成績。しかし今回の相手では、どこまで差を詰められるかというところだろう。

ハイジャ 2歳時にJRA認定戦を2勝して、ゴールドジュニアも勝利。今年は7戦して3着内率100%と好調で、この距離でも相手なりに走ってくる可能性が考えられる。

ビュウイモン 金沢からの遠征馬だが、金沢のB級とA2クラスで各1勝という戦績は劣勢の感も。タイプ的にもスプリント戦ではスピード負けしてしまいそうだ。

サンデンバロン JRA時は6戦とも差のある敗戦を喫したが、名古屋では移籍初戦から17戦連続で連対。4走前と3走前は連対を外したが、最近2走は逃げ切り勝ちを見せている。

トーホウハンター JRA未勝利から名古屋に移って3勝し、再びJRAを経て名古屋に移籍。格付け的には劣勢だが、2走前にこの距離で圧勝した実績には注意が必要かもしれない。

名古屋でら馬スプリント 地方競馬専門紙 予想

データ的に連覇100%!? ハナノパレード

ラブミーチャンが3連覇にワールドエンドが2連覇。前年の覇者が出走した場合の勝率は十割というこのレース。距離適性は年を重ねても下がることはない、といったところか。そこで昨年の勝ち馬・ハナノパレードの連覇に期待したが、前記馬たちと比べるのは少々かわいそうだし、昨年以上のメンバーがそろってもろ刃の剣の最内枠。 詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 1→4 4→1 1→8 8→1 4→8 8→4 1→6 4→6 8→6
 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

名古屋でら馬スプリント 過去のデータ

名古屋でら馬スプリントを予想しよう!