ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト

  1. 競馬TOP
  2. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  3. 重賞レース一覧
  4. 初夏賞

初夏賞

重賞

第5回 初夏賞

  • 2017年5月20日(土)
  • 佐賀:第9競走
  • 1,800m
  • 発走時間 17:05
  • キャンペーン
開催場
佐賀競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

初夏賞 直前予想

ポライトリーは距離延長がカギとなるが、佐賀で好走続きという状況なら力量的に一枚上。善戦続くセツナイキモチを相手筆頭に指名したい。ダイギャクテンは前走が通算17戦目での初勝利だったが、ここでも先手が取れれば粘り込みが狙えるだろう。この3頭が有力で、流れ込みタイプのトークーブケパロスが3連勝式の候補。あとは転入2戦目のプリンセスがどこまで変わり身を見せられるかというところだろう。

初夏賞 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11佐賀ポライトリー牡356.0 三小幸 鮫島克 
22佐賀バスデイプレゼント牝354.0 中野博 竹吉徹 
33佐賀プリンセス牝354.0 柳井宏 石川慎 
44佐賀トークーブケパロス牡356.0 柳井宏 渡辺博 
55佐賀ダイギャクテン牝354.0 池田忠 山口勲 
66佐賀エイシンブラック牡356.0 大垣敏 兒島真 
7佐賀リネンアッパレ牡356.0 濱田一 田中純 
78佐賀ジョイタイム牝354.0 武藤敏 小松丈 
9佐賀エメラルドザオー牝354.0 井樋明 村松翔 
810佐賀ハタノダムール牡356.0 土井道 川島拓 
11佐賀セツナイキモチ牝354.0 池田忠 田中直 

初夏賞 出走馬 短評

ポライトリー JRAでは3戦とも大敗したが、佐賀移籍後は5戦4連対で3着内率100%。今回は距離延長が課題となるが、競らずに先行できれば粘り込みが可能だろう。

バスデイプレゼント いまだ未勝利で大敗も多い成績だが、3歳1組戦で2着1回がある成績。しかし時計的には劣勢で、距離延長が歓迎材料とはいいがたい。

プリンセス 2歳秋にJRAの芝短距離で善戦したが、そのほかは差のある敗戦。佐賀移籍初戦の前走も後方のままという内容では、ここで一変という可能性は考えにくい。

トークーブケパロス 昨年8月のデビューから今年1月までは善戦が続いたが、それ以降の多くは苦戦。今の状況では、うまく流れ込んでどこまでというところだろう。

ダイギャクテン 門別では2戦とも大敗だったが、9月以降は佐賀所属で善戦続き。前走でようやく初勝利を挙げたが、ここでも相手なりに走れる可能性は秘めている。

リネンアッパレ ここまで19戦未勝利だが、2着には5回入線。しかし最近3戦は大敗続きで、再度の中距離で上位争いに加わるのは難しそうだ。

ジョイタイム 半姉は昨年の道営記念を制したタイムビヨンドだが、こちらは盛岡で1勝を挙げたのみ。底力不足の現状では、今回も苦戦必至だろう。

エメラルドザオー JRAでは4戦とも大敗し、その後は笠松に移って6戦1勝。前走は佐賀初戦で3着だったが、小柄な馬体で距離延長という条件は少々厳しいかもしれない。

セツナイキモチ JRA時は3戦とも大敗したが、佐賀では6戦3勝。前2走は中距離でともに4着だったが、ここに入ればそれ以上が狙える可能性がある。

そのほか、エイシンブラック、ハタノダムールが出走する。

初夏賞 地方競馬専門紙 予想

激戦抜け出すセツナイキモチ器用さ全開。

力接近した構成になり優勝争い激戦模様。前走1組で4着のセツナイキモチがここはメンバー的にもV狙える。外枠克服で競り勝てる。ポライトリーも安定した先行力だし、ここは逃げに活路開ける。 詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 11→1 11→5 11→4 1→11 11→7 1→5 5→1 1→4 4→1
 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

初夏賞 過去のデータ

初夏賞を予想しよう!