ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト

  1. 競馬TOP
  2. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  3. 重賞レース一覧
  4. あすなろ賞

あすなろ賞

重賞

第18回 あすなろ賞

  • 2017年5月20日(土)
  • 盛岡:第10競走
  • 1,800m
  • 発走時間 17:10
  • キャンペーン
開催場
盛岡競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

あすなろ賞 直前予想

エンパイアペガサスの力量が断然で、相手探しとみるべき一戦。その筆頭にはJRAで5勝の実績があるスズカセクレターボを指名したい。3連覇を狙うコミュニティも引き続き首位争いになるだろう。アントニオピサは気温が上がったことがどう影響するかだが、力量的に無視しにくい存在。イーグルカザンは距離延長が課題となるが、3連勝式の候補には入れておく必要があるだろう。

あすなろ賞 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11岩手リトルキング牡657.0 新田守 高橋悠 
22岩手ジャーグラット牡957.0 三野通 山本聡 
33岩手イーグルカザン牡957.0 橘友和 大坪慎 
44岩手コミュニティ牡757.0 櫻田康 山本政 
55岩手アントニオピサ牡857.0 佐々由 阿部英 
66岩手エンパイアペガサス牡457.0 佐藤祐 村上忍 
77岩手スズカセクレターボ牡957.0 小西重 関本淳 
88岩手ノーネームホースセン857.0 村上昌 坂口裕 
9岩手ロンギングエース牡757.0 工藤裕 鈴木祐 

あすなろ賞 出走馬 短評

リトルキング JRA未勝利から岩手に移り、徐々にクラスを上げてきたが、古馬重賞では3回とも6着以下。それでも長く使える差し脚がいきれば、善戦以上が可能だろう。

ジャーグラット シアンモア記念では先行するも失速して12着に敗れたが、1800メートルでは3戦2勝で3着内率100%という実績。先行策からの粘り込みには警戒が必要かもしれない。

イーグルカザン JRAから移籍初戦で臨んだ赤松杯では6馬身差で圧勝したが、続くシアンモア記念は伸び切れず4着まで。その内容からは距離延長が心配だ。

コミュニティ このレースを連覇と好相性で、大崩れの少ない戦績も継続中。今季2戦も連続2着と上々で、今年も首位争いになるだろう。

アントニオピサ 過去8勝のうち6勝が、春または11月に挙げたもの。その点で前走の5着は調子落ちの兆候という可能性はあるが、それでも実力的に無視できない存在といえる。

エンパイアペガサス 昨秋までは岩手所属でダービー制覇を含む11戦11連対と活躍し、その後は南関東で重賞を勝利。その実力なら、ここで負けるわけにはいかないだろう。

スズカセクレターボ JRAのダートで5勝を挙げ、岩手初戦となった前走は9馬身差で楽勝。時計的にも良好で、ここでもチャンスがありそうだ。

ノーネームホース 南関東のB2クラスから岩手に移って3戦したが、いずれも勝ち馬からは2秒以上の差で敗戦。その成績では、ここで変わり身があるとは考えにくい。

ロンギングエース JRAのダート中長距離で3勝を挙げたが、2015年の秋以降は苦戦続き。岩手移籍後は7戦して3着2回までと、ひと押し不足の成績だ。

あすなろ賞 地方競馬専門紙 予想

追い切り抜群スズカセクレターボに注目

本日のメインは、古馬の中距離重賞「あすなろ賞」(M3、オープン、左回り、ダート1800m)。転入初戦で強さを見せ付けたスズカセクレターボに期待する。力をつけて戻ってきたエンパイアペガサス、赤松杯の内容を評価してイーグルカザン、3連覇を狙うコミュニティ、崩れなしアントニオピサまで上位拮抗。 詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 7→6 7→3 7→4 7→5 7→2 6→7 3→7 4→7 5→7 2→7
 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

あすなろ賞 過去のデータ

あすなろ賞を予想しよう!