ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト

  1. 競馬TOP
  2. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  3. ダートグレード競走一覧
  4. 北海道2歳優駿

北海道2歳優駿

JpnIII

第44回 北海道2歳優駿

  • 2017年10月31日(火)
  • 門別:第10競走
  • 1,800m
  • 発走時間 20:00
開催場
門別競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

北海道2歳優駿 直前予想

昨年のエピカリスほどの信頼度はないが、今年はドンフォルティスに注目。前走の内容は強く、距離さえもてばアッサリ勝利しても不思議はない。中央馬ではフィールシュパースが2番手。あとはヤマノファイトらサンライズカップ上位組が加わっての争いになりそうだ。

北海道2歳優駿 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11北海道ディーエスソアラー牡255.0 松本隆 宮崎光 
22JRAフィールシュパース牡255.0 中竹和 田邊裕 
33北海道ナナヒカリ牡255.0 林和弘 井上俊 
44北海道ハッピーグリン牡255.0 田中淳 服部茂 
55JRAマイネルアンファン牡255.0 和田道 柴田大 
66北海道サザンヴィグラス牡255.0 川島洋 吉原寛 
77JRAドンフォルティス牡255.0 牧浦充 武 豊 
88北海道ヤマノファイト牡255.0 村上正 阿部龍 
9JRAムルシェラゴ牡255.0 奥村武 戸崎圭 

北海道2歳優駿 出走馬 短評

************
JRA所属馬短評
************
フィールシュパースは阪神ダート1800メートルの未勝利戦を勝利。着差は半馬身だったが、勝ちタイムはまずまずだった。前走プラタナス賞はレコード決着の3着。勝ったルヴァンスレーヴが強すぎたし、時計も速すぎた。見直しが必要だろう。
マイネルアンファンは2戦目の中山ダート1800メートルで一変。勝ち馬の降着・繰り上がりによる優勝だったが、勝ち時計はまずまず。ブリンカー着用の効果も大きそうだ。前走プラタナス賞は8着に終わったが、1800メートルに戻ればまた違う競馬ができるかもしれない。
ドンフォルティスはダートで3戦2勝。前走ヤマボウシ賞ではスタートが甘くて後方追走となったが、決め手を繰り出して3馬身抜けた。勝ち時計もなかなか優秀で、重賞でもいきなり通用する力があるはず。ただし、距離延長は未知数。
ムルシェラゴは3戦目の東京ダート1600メートルで初勝利。こちらもブリンカー着用が功を奏したか、もしくは使われつつ上昇した様子。レコードだったが、馬場自体が速かったため、そこまで大きな評価はできない。いきなり重賞でどうか。

*************
地方所属馬短評
*************
今年も注目はサンライズカップ組になる。今年はヤマノファイト(北海道)が勝利したが、2着ハッピーグリン(北海道)、3着サザンヴィグラス(北海道)も差がない競馬をしており、チャンスはあるだろう。

北海道2歳優駿 地方競馬専門紙 予想

今年の2歳王者はヤマノファイト

【中央所属馬の評価】 ドンフォルティスはデビューから3戦連続で出遅れも、その3戦はいずれもメンバー最速の上がりを計時。新馬戦こそ3着も、未勝利、500万条件を完勝した内容は高く評価できる。1800メートルに距離が延びてどうかだが、そこは門別コースを熟知している武豊騎手なら問題ないはず。ユタカマジックに期待。 詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 8→4 4→8 8→6 6→8 8→7 7→8 8→9
 

※楽天銀行・すぐかえーる・住信SBIネット銀行会員の方はご投票いただけませんので、ご注意願います。
※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

北海道2歳優駿 過去のデータ

北海道2歳優駿を予想しよう!