ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト

  1. 競馬TOP
  2. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  3. ダートグレード競走一覧
  4. マーキュリーカップ

マーキュリーカップ

JpnIII

第21回 マーキュリーカップ

  • 2017年7月17日(祝月)
  • 盛岡:第9競走
  • 2,000m
  • 発走時間 16:10
  • キャンペーン
開催場
盛岡競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

マーキュリーカップ 直前予想

中央勢は比較的フレッシュなメンバー構成。本調子であればクリノスターオーの力が上位だが、まだ様子を見るべきか。重賞初制覇を狙うミツバ、ピオネロ、ディアデルレイの3頭が有力。中でも地方のダートがより合いそうなピオネロに注目。

マーキュリーカップ 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11岩手リトルキング牡654.0新田守高橋悠
22JRAミツバ牡554.0加用正松山弘
33JRAピオネロ牡654.0松永幹戸崎圭
4笠松タッチデュール牝852.0湯前良佐藤友
45JRAクリノスターオー牡756.0高橋忠幸英明
6JRAドリームキラリ牡554.0矢作芳松岡正
57笠松メイショウソレイユ牡754.0笹野博筒井勇
8金沢グルームアイランド牡654.0高橋俊吉原寛
69岩手アドマイヤイナズマ牡754.0小西重齋藤雄
10JRAディアデルレイ牡654.0牧光二木幡巧
711岩手ハイパーチャージセン754.0新田守坂口裕
12高知ミッキーヘネシー牡854.0別府真永森大
813岩手オープンベルト牝652.0千葉幸村上忍
14北海道ドラゴンエアル牡654.0田中淳服部茂

マーキュリーカップ 出走馬 短評

************
JRA所属馬短評
************
ミツバはカネヒキリ産駒で、ダートグレードでの勝利を狙う一頭。中央のオープン特別では前走のブリリアントステークスを含めて3勝をマーク。いつ重賞を勝ってもおかしくはない。左回りでも右回りでも問題はないが、初めてのコースなので、その対応はカギになるだろう。

ピオネロは昨年のシリウスステークスGIIIでミツバとアポロケンタッキーに先着し、マスクゾロの2着と好走。やや勝ちみに遅い印象もあるが、2走前の名古屋大賞典JpnIIIではケイティブレイブの2着。GI/JpnIクラスの馬を相手に互角以上の勝負をしている。前走の平安ステークスGIIIは位置取りが後ろになってしまったが、本来は前々で動けるし、大崩れはないタイプだ。

クリノスターオーは実績上位だが、前走の平安ステークスが14着。長期休養明けの影響がかなり見られる内容だった。ひと叩きされてどこまで戻るかで、時間がかかるかもしれない。

ドリームキラリは1月のポルックスステークスを逃げ切り勝ち。この時と同じようにハナを切ってどうかという感じ。2走前のアハルテケステークスはマイル戦。中距離で主導権を握ることができれば、もう少し頑張れるだろう。

ディアデルレイは母がディアデラノビアという良血馬。本質的には芝血統だが、本馬はダートで力を発揮。3月のマーチステークスGIIIではインカンテーションの2着に好走した。前走オアシスステークスが惨敗で、その敗因が不明だが、力がある馬であることは間違いない。少し間隔をあけたことで、リフレッシュ効果を期待したいところだ。

*************
地方所属馬短評
*************
ここ2年は頑張っている地方勢だが、今年は苦しい。実績的にハッキリと見劣るため、上位争いに食い込むのは厳しい。

マーキュリーカップ 地方競馬専門紙 予想

重賞初Vへ!ピオネロ

【中央所属馬の評価】 クリノスターオーは今回のメンバーで唯一のダートグレード競走勝ち馬。2014年に平安S(G3)とシリウスS(G3)を勝ち、2015年のアンタレスS(G3)で重賞3勝目をマーク。よって今回は他馬より2キロ重い56キロを背負うことになる。盛岡は初登場となるが、地方遠征はこれまで3戦して帝王賞(Jpn1)6着、佐賀記念(Jpn3)3着、ダイオライト記念(Jpn2)2着。 詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 3→2 3→5 3→10 3→6 3→8 3→14
 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

マーキュリーカップ 過去のデータ

マーキュリーカップを予想しよう!