ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト

  1. 競馬TOP
  2. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  3. ダートグレード競走一覧
  4. スパーキングレディーカップ

スパーキングレディーカップ

JpnIII

第21回 スパーキングレディーカップ

  • 2017年7月6日(木)
  • 川崎:第11競走
  • 1,600m
  • 発走時間 20:10
開催場
川崎競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

スパーキングレディーカップ 予想情報 コンテンツ

スパーキングレディーカップ 直前予想

連覇がかかるホワイトフーガが中心。今年も斤量58キロだが、スムーズに流れに乗れば、力の違いを見せられそうだ。2着争いはかなり難解。その他の中央馬は当然有力だが、不安な点もあり、やや狙いにくい。ララベルやトーコーヴィーナスといった地方馬の食い込みの方が怖いか。

スパーキングレディーカップ 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11兵庫トーコーヴィーナス牝555.0 吉行龍 大山真 
22JRAホワイトフーガ牝558.0 高木登 蛯名正 
33大井タマノブリュネット牝557.0 藤田輝 吉原寛 
44JRAタイニーダンサー牝457.0 伊藤圭 内田博 
55大井プリンセスバリュー牝755.0 村上頼 矢野貴 
6笠松ウリャオイ牝352.0 栗本陽 池田敏 
67JRAアンジュデジール牝352.0 昆貢 横山典 
8笠松タッチデュール牝855.0 湯前良 佐藤友 
79高知タッチスプリント牝352.0 別府真 倉兼育 
10大井ララベル牝555.0 荒山勝 真島大 
811JRAサクラフローラ牝655.0 高柳瑞 戸崎圭 
12川崎ドンナディヴィーノ牝455.0 河津裕 山崎誠 

スパーキングレディーカップ 出走馬 短評

************
JRA所属馬短評
************
ホワイトフーガは前走さきたま杯JpnIIを3~4コーナーからマクリ切り、4馬身差の圧勝。牡馬が相手のダートグレード勝ちはこれが初めてで、しかもGI/JpnI馬であるモーニンとベストウォーリアをねじ伏せるというものだった。スタートが決まり、スムーズなレースができればこれぐらいは走れる。

タイニーダンサーは昨年のこのレースが3着。好走はしているが勝ち馬のホワイトフーガとは1.7秒離された内容であり、近走の雰囲気とはさほど変わらないか。

アンジュデジールは3歳馬。前走は関東オークスJpnIIでクイーンマンボの2着だった。今回は古馬が相手でやや厳しい印象だが、距離がマイルになるのは歓迎かもしれない。

サクラフローラはダートグレード初挑戦。中央では中山ダート1200メートルばかりを4勝している。前走は阪神に遠征し安芸ステークスで2着。休み明けの上、1400メートルで好走している点は評価できる。距離や馬場の問題はあるが、1600万クラスで好走できる力があれば、牝馬限定のダートグレードで通用してもおかしくない。

*************
地方所属馬短評
*************
ララベル(大井)は4月のマリーンカップJpnIIIで2着。ホワイトフーガには完敗だったが、その他の中央勢を押さえての好走だった。前走同様に主導権を握りたいところだが、トーコーヴィーナス(兵庫)の存在が気になる。同馬の方が内枠だし、昨年9月のレディスプレリュードJpnIIではトーコーヴィーナスが先着しての2着だった。

タマノブリュネット(大井)は中央からの転厩馬。近走はひと息の成績だが、昨年のレディスプレリュードを制するなど、力はある馬。調子が戻れば好走できてもいい。

スパーキングレディーカップ 地方競馬専門紙 予想

ホワイトフーガの連覇濃厚

【中央所属馬の評価】ホワイトフーガは昨年のこのレースの勝ち馬。モーニン、ベストウォーリア相手の前走さきたま杯を4馬身差圧勝は、牝馬ダートグレード競走レベルを超えている。昨年同様58キロ。川崎コースは3戦全勝。弱点が見当たらない。 詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 2→10 2→3 2→7 2→11 2→4 2→1
 

※ジャパンネット・楽天銀行・すぐかえーる・住信SBIネット銀行会員の方は投票できませんので、ご注意ください。
※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

スパーキングレディーカップ 過去のデータ

スパーキングレディーカップを予想しよう!