ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト

  1. 競馬TOP
  2. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  3. ダートグレード競走一覧
  4. かきつばた記念

かきつばた記念

JpnIII

第19回 かきつばた記念

  • 2017年5月3日(祝水)
  • 名古屋:第11競走
  • 1,400m
  • 発走時間 16:10
  • キャンペーン
開催場
名古屋競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

かきつばた記念 直前予想

今年はかなり難しいメンバー構成。中央馬で信頼できる馬がおらず、地方馬にも十分チャンスがありそう。中でもトウケイタイガーに注目。枠順が良く、主導権を握ることができれば逃げ切りに期待できそう。ラブバレットは対照的に大外枠が痛いが、近走の内容を評価。ショコラブランは半兄にゴールデンチケット(2009年ジャパンカップダートGI・3着)がいる馬。大きくパフォーマンスをあげられるかどうか。

かきつばた記念 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11JRAドリームキラリ牡556.5矢作芳黛弘人
22兵庫トウケイタイガー牡652.0住吉朝川原正
33名古屋マルカンパンサー牝851.0荒巻透岡部誠
44JRAタイニーダンサー牝453.0伊藤圭内田博
55名古屋メモリージルバ牡851.0塚田隆友森翔
6JRAショコラブラン牡556.0浅見秀Mデム
67JRAレーザーバレット牡958.0萩原清戸崎圭
8名古屋カツゲキライデン牡651.0錦見勇木之葵
79JRAタムロミラクル牡555.0西園正川田将
10名古屋ワンダフルタイム牝651.0角田輝宇都英
811高知ケイリンボス牡651.0別府真吉井友
12岩手ラブバレット牡653.0菅原勲山本聡

かきつばた記念 出走馬 短評

************
JRA所属馬短評
************
ドリームキラリはハナへ行けないと脆いタイプ。前走名古屋大賞典JpnIIIではケイティブレイブとの先行争いの末、控えたのが裏目に出た。展開次第では一変してもおかしくないが、今回は1400メートルの競馬。その点がどうでるか。

タイニーダンサーは2歳時に1200メートルのエーデルワイス賞JpnIIIを勝利している。ただ、その後は短い距離をほとんど経験しておらず、最近は2000メートルぐらいの距離が合っている印象。レースの流れに乗れるかがカギで、今回は牡馬が相手という点も課題。

ショコラブランは昇級戦となった前走京葉ステークスを勝利。条件クラスでの生活が長かったが、1200メートル以下での安定度は高い。ただ、1ハロンの距離延長は課題。前走は勝ちタイムとしても平凡で、いきなり重賞でどうか。

レーザーバレットは実績上位だが、今回ハンデは58キロ。昨年のこのレースが55キロで3着、一昨年が54キロで2着であり、条件的にはかなり苦しくなる。

タムロミラクルは佐賀記念JpnIII2着など中距離で実績はあるが、短い距離が未知数。母タムロイーネーは短距離馬だったが、果たしてどうなるか。

*************
地方所属馬短評
*************
トウケイタイガー(兵庫)は前走名古屋の東海桜花賞を6馬身差で逃げ切り勝ち。勝ち時計的にもダートグレードで要求される可能性がある水準だった。2走前の黒船賞JpnIIIは6着に敗れたが、主導権を握れなかったので度外視。元中央馬であり、なんといってもハンデの52キロが魅力だ。

岩手のラブバレット(兵庫)は前走根岸ステークスGIIIが10着でも内容的には善戦の部類。2走前も兵庫ゴールドトロフィーJpnIIIが4着と、地方馬の中では期待できる。

かきつばた記念 地方競馬専門紙 予想

ハンデ戦で装いも新たに!

◆中央馬の評価◇ドリームキラリは降級3走目、7月函館で3勝目を挙げると勢いを増し、2走前にオープン勝ちした昇り馬。逃げた武蔵野Sが0秒8差5着に対し、2番手名古屋大賞典が3秒6差6着。下級では好位でも勝てたが、上級では強引にでも行き切るべきか。距離カギも行けるようなら。 詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 6→7 7→6 6→2 2→6 7→2 2→7 6→12 12→6 7→12 12→7
 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

かきつばた記念 過去のデータ

かきつばた記念を予想しよう!