ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト

  1. 競馬TOP
  2. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  3. ダートグレード競走一覧
  4. 名古屋グランプリ

名古屋グランプリ

JpnII

第17回 名古屋グランプリ

  • 2017年12月14日(木)
  • 名古屋:第11競走
  • 2,500m
  • 発走時間 15:45
  • キャンペーン
開催場
名古屋競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

名古屋グランプリ 直前予想

中央勢はいずれもクセがあるタイプで、安定感はあまりない。この相手ならばカツゲキキトキト。待望のダートグレード初勝利を地元で飾りたい。クリノスターオーは16年にダイオライト記念JpnIIで2着。今回に近い距離で実績がある。

名古屋グランプリ 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11JRAメイショウスミトモ牡656.0 南井克 古川吉 
22JRAトップディーヴォ牡556.0 昆貢 横山典 
33JRAクリノスターオー牡756.0 高橋忠 幸英明 
44船橋ストゥディウム牡556.0 矢野義 吉原寛 
55名古屋カツゲキキトキト牡456.0 錦見勇 大畑雅 
6兵庫トウシンイーグルセン956.0 高馬元 東川公 
67名古屋ブランニュー牡556.0 宮本仁 丸野勝 
8北海道ドラゴンエアル牡656.0 田中淳 服部茂 
79JRAタガノディグオ牡355.0 宮 徹 藤岡康 
10名古屋アサクサポイントセン956.0 今津博 岡部誠 
811JRAオールブラッシュ牡558.0 村山明 ルメー 
12高知サクラビクトワールセン756.0 田中守 林謙佑 

名古屋グランプリ 出走馬 短評

************
JRA所属馬短評
************
メイショウスミトモは2走前にシリウスステークスGIIIを優勝。ここを勝っても不思議はない馬ではあるが、難しい馬。成績にかなりバラつきがあり、いまだにつかみにくい。2000メートル以上が合っているとすればチャンスはありそうだが。

トップディーヴォは平坦巧者だが、京都に良績が集中している。軽い馬場向きとも取れ、地方のダートの対応はカギになりそうだ。

クリノスターオーは前走浦和記念JpnIIで崩れてしまったが、地方のダートグレードならば引き続きG2でも注目。名古屋の経験はないが、心配する必要はないだろう。

タガノディグオは中央の重賞では苦戦しそうだが、地方の馬場ならばやれそう。ジャパンダートダービーJpnIを勝ったヒガシウィルウィンと、同レース2着のサンライズソアはすでに古馬相手に重賞でも好走している。同3着だった本馬も十分やれるはずだ。

オールブラッシュは前走浦和記念JpnIIが3着。斤量が58キロだったとはいえ、上位の2頭にはかなり離された。この点は不満だが、GII/JpnIIならば上位争いになりそうだ。

*************
地方所属馬短評
*************
期待は何といっても地元のカツゲキキトキト(名古屋)。昨年のこのレースは3着。その時上位だったのがアムールブリエとケイティブレイブであり、相手関係としては今年の方が楽かもしれない。一年を経て力をつけており、10月の白山大賞典JpnIIIではインカンテーションの2着。クリノスターオーとタガノディグオを退けている。

名古屋グランプリ 地方競馬専門紙 予想

初タイトルが見えた!? カツゲキキトキト

◆中央馬の評価 ◇メイショウスミトモは気性的な問題もあってかオープン入りは5歳の夏。その後もなかなか…詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 5→11 11→5 5→3 3→5 5→2 2→5 5→1 1→5 5→9 9→5
 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

名古屋グランプリ 過去のデータ

名古屋グランプリを予想しよう!