ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト

  1. 競馬TOP
  2. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  3. ダートグレード競走一覧
  4. 浦和記念

浦和記念

JpnII

第38回 浦和記念

  • 2017年11月23日(祝木)
  • 浦和:第10競走
  • 2,000m
  • 発走時間 15:25
開催場
浦和競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

浦和記念 予想情報 コンテンツ

浦和記念 直前予想

中央勢ではオールブラッシュとクリノスターオーが上位。前者は58キロだが、左回りに替わることがプラスになると勝機が増す。後者は浦和が初めてだが、先行力があるのでマイナスにはならないだろう。ヒガシウィルウィンは大井の方が良さそうだが、地力の高さに期待か。グランディオーソにもチャンスがありそうだ。

浦和記念 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11船橋ポイントプラス牡856.0 林正人 山口達 
22浦和タマモホルン牡656.0 小久智 左海誠 
33JRAナムラアラシ牡456.0 目野哲 福永祐 
44船橋ヒガシウィルウィン牡356.0 佐藤賢 森泰斗 
55JRAクリノスターオー牡756.0 高橋忠 幸英明 
66岩手エンパイアペガサス牡456.0 佐藤祐 村上忍 
7JRAマイネルバサラ牡456.0 松山将 柴田大 
78大井バルダッサーレ牡456.0 中道啓 吉原寛 
9大井グランディオーソ牡856.0 渡邉和 御神訓 
810船橋ストゥディウム牡556.0 矢野義 石崎駿 
11JRAオールブラッシュ牡558.0 村山明 ルメー 

浦和記念 出走馬 短評

************
JRA所属馬短評
************
ナムラアラシはオープンクラスに再昇級してから白山大賞典JpnIIIが5着、ブラジルカップが4着。この馬としては奮闘している様子。重賞で勝ち負けするにはもう少し力をつけたい。

クリノスターオーは地方のダートグレードならばまだ主力。マーキュリーカップJpnIII、白山大賞典JpnIIIと最近も手ごわい相手で3着に好走している。

マイネルバサラは前走御陵ステークスを勝利。1600万クラスの勝利は2度目ではあるが、内容的には前走の方がかなり強い。京都の不良馬場で時計が速くなったことが良かった可能性がある。オープンクラスで通用するかは、まだ様子を見てみたいところだ。

オールブラッシュは前走JBCクラシックJpnIが6着。1、2番人気が沈む結果となったが、本馬の着順としてはほぼ想定された通りと言えるだろう。今回は相手がかなり楽になる。油断はできないが、このメンバーならば勝ち負けに持ち込みたい。

*************
地方所属馬短評
*************
注目はヒガシウィルウィン(船橋)。7月にJRA勢との激戦を制したジャパンダートダービーJpnIでの走りが記憶に新しい。南関東の代表馬として今後も存在感は増すだろう。今回は休み明けだが、JRA勢はやや手薄なメンバー構成。いきなり勝利の期待がかかる。

グランディオーソ(大井)は14年の浦和記念でサミットストーンの2着に好走した実績がある。前走船橋のレースを快勝。御神本訓史騎手との相性も良く、注目できる。

浦和記念 地方競馬専門紙 予想

オールブラッシュが混戦を制する

【中央所属馬の評価】 オールブラッシュは昨年の川崎記念でサウンドトゥルーを3馬身離して逃げ切り勝ち。やや単調な面はあるがすんなり先手を取れれば強い。コーナー6つの浦和2000mはこの馬向きで、大外枠だが徹底先行で。 クリノスターオーは「平均ペースの先行馬」といった感じのタイプ。中央、地方を問わず、中~長距離では大崩れしない堅実派だ。血統的にも晩成型で、7歳になるがまだまだ衰えはみられない。 詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 11→4 4→11 11→5 5→11 11→3 3→11 4→5 5→4 11→7 11→9
 

※ジャパンネット・楽天銀行・すぐかえーる・住信SBIネット銀行会員の方は投票できませんので、ご注意ください。
※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

浦和記念 過去のデータ

浦和記念を予想しよう!